【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2016年2月19日号

週刊つりニュース中部版 2016年2月19日号表紙

■今週のつり作戦
「ターゲットの可能性は無限大! イワシ泳がせ五目」
~青物・ヒラメ・マダイ・根魚…冬の美味食材を狙おう(2~3面)
冬は魚がうまい季節だ。寒くなれば魚たちは身に脂肪をまとい、その味は甘みを増して夏場とは比べものにならなくなる。特に今の時期は鍋物がうまい。ブリしゃぶ、タイしゃぶ、ハタ、カサゴ類の水炊きはまさに冬の味覚といえよう。できれば、そんな旬の鍋物ネタをまとめて釣りたい。今回の沖釣りのテーマは、そんなぜいたくな望みをかなえてくれるイワシ泳がせだ
———————————–
【渚の大型クロダイ遊撃】
~三重・浜島の海岸(9面)
クロダイにはいろいろな釣法があるが、そんなクロダイ釣りファンの頭にそろそろよぎる文字が「乗っ込み」だろう。乗っ込みクロダイを求めて三重県志摩市浜島へ釣友と繰り出した筆者。良型の連発ありで、夕マヅメには居着きの年無し(通称・50センチ以上のクロダイ)がヒット。結局、釣友と2人で良型ばかりを2ケタ上げた。チャレンジしてみたい人はご参考に!

【ワカサギ楽し】
~滋賀・余呉湖(19面)
冬の風物詩でもあるワカサギ釣りがいい感じです!滋賀県にある余呉湖を訪れた筆者は463匹ゲット。平均釣果は200~300匹で、当日は600匹上げた人も居たようです。また、愛知県犬山市にある入鹿池でのボート釣りでは、連日3ケタ釣果で、4ケタ上がった日もあったとの情報も。次の休日、釣趣&食味が堪能できるワカサギ釣りはいかが!?

【渓流ルアー! サクラマス待望の開幕戦】
~福井・九頭竜川(26面)
渓流ルアーファン憧れの魚種でもあるサクラマス。貴重な1匹を求めて解禁となった福井県の九頭竜川へ向かった筆者。本アワセ時にロッドがパキンと折れるアクシデントにもめげず、無事にうれしいネットイン。見事本命をキャッチした。好機を逃さず足を運んでみよう
———————————–
★沖釣り! 重連ヒットありメバル良好
~愛知・片名出船(6面)
★お年玉プレゼント第2弾・当選者発表(17面下)
★ルアーフィッシング! 待望の渓流解禁!! アマゴ輝く流れへ出陣
~愛知・宇連川(27面)
★名古屋港ボートゲーム! 驚異のモンスターキジハタ
~愛知・筏川出船(30面)
———————————-

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年2月19日号は2月15日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  3. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  6. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…
  7. 週刊つりニュース関東版 2021年1月15日号表紙
    ■今週の特集 「寒メジナ」 磯釣りの花形・メジナ 地磯や沖磯、堤防からの釣りを紹介 …
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ」 今週のつり作戦は、シーズン真っ只中の磯の寒グロのスポット…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略」 ~高水温で難易度高めでも冬は良型を狙える季節(2~3…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年1月8日号表紙
    ■今週の特集 「初釣りへ行こう」 1月1日号と8日号の40ページ立て合併号。年末年始の…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る