【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2016年3月11日号

週刊つりニュース中部版 2016年3月11日号表紙

■今週のつり作戦
「春は入門にも最適のシーズン! バチ抜けシーバス開幕」
~群泳するゴカイ類がメーンのベイト! 流れと地形を読んでポイントを絞ろう(2~3面)
まだまだ寒さは厳しいが、暦の上ではもう春。湾奥のベイエリアでは、バチ抜けが始まるシーズンだ。このバチを偏食するシーバスはポイントやパターンが絞り込みやすく、初心者も好釣果が期待できる。そう、春は入門にピッタリの季節なのだ。とはいえ、漠然とキャストを繰り返すだけで釣果が得られるほど、ベイエリアの激戦区は甘くない。そこで今回は、初心者が最初の1匹を手にするための基礎的な事柄について解説していきたい
———————————–
【読者参加型企画! 山本太郎に学ぶ】
~第7回 三重・白石湖のカカリ釣り(6面)
本紙愛読者参加型の企画・山本太郎に学ぶ。7回目は冬場に60センチオーバーの超大型クロダイが狙える三重県・紀北町引本浦にある白石湖のイカダへ2月23日に訪れた。毎年1月1日に解禁する白石湖だが、暖冬の影響か2月初旬まで50センチ級の大型クロダイに交じって小型クロダイやキビレ、ヘダイが上がりにぎわっていた。しかし、さすがに2月も下旬になると水温が低下し、一発勝負の時期を迎えた。今回の参加者は、カカリ釣りを始めて半年の四日市市の古市さんと、泉大津市の西生(にしなり)さん夫婦の3人。一年で一番厳しい時期だが、果たして結果は…。(編集部)

【渓流でアマゴ舞い躍る】
~岐阜・郡上漁協管内(20面)
解禁する河川も増えてきた渓流釣り。各地で放流も盛んに行われ始めているようで、足を運ぶ人も多くなってきているようです。中部エリア屈指の好場の岐阜県・郡上漁協管内でもアマゴ釣りが楽しめているようです。今回は同管内を流れる那比川他、栗巣川を訪れた筆者2人のレポートをお届けします。次の釣行プランのご参考に!

【メバリング本格化へ】
~三重・志摩&南伊勢エリア、富山・新湊港周辺(28面)
 一歩ずつ春の気候へ近づきつつある感じだが、まだまだ寒い日も多い。そんな時期でも元気いっぱいの引きでブルブルとサオ先を震わせてくれるのがメバル。三重県の志摩&南伊勢エリアを訪れた筆者は20センチクラスを2ケタ。富山県の新湊港周辺へ釣行した筆者は沈み根を直撃して25センチクラスをキャッチ。チャレンジしてみてはいかが!?
———————————–
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~クロダイの習性を知ろう(連載393 7面)
★各磯で寒グレ熱戦展開中
~三重・神前浦、贄浦、古和浦、和歌山・勝浦、樫野(8~10面)
★真冬のヘラ
~愛知・加福FL、つつじ池、岐阜・三川FP、五町八幡大池、札野池、三重・大安池(22~23面)
★渓流ルアー! 解禁日に泣き尺イワナ登場
~長野・下伊那漁協管内(27面)
———————————-

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年3月11日号は3月7日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「根魚ライトゲームに夢中」 メバルやガシラといった根魚は、手近な波止…
  2. 週刊へらニュース 2017年3月3日号表紙
    「水城公園しのぶ池」 三寒四温を繰り返し、春の足音が聞こえる季節を迎えた。やがて桜前線の北…
  3. 週刊つりニュース関東版 2017年3月3日号表紙
    ■ボートショー特集 3月2日~5日の四日間、神奈川・パシフィコ横浜と横浜ベイサイドマリーナ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」 ~興奮のサイトフィッシング(2~…
  5. SHIMANO SQUAREの入り口
    2月8日(水)、株式会社シマノは、グランフロント大阪・北館(大阪市北区)のナレッジキャピタル4…
  6. 週刊つりニュース西部版 2017年3月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のチヌ」 今週のつり作戦は、乗っ込み前哨戦ともいえる早春のチヌ…
  7. フィッシングパラダイス「Under baitSP 200(アンダーベイトスペシャル)」
    東京都世田谷区にあるフィッシングパラダイスから玄界灘や長崎平戸、佐世保~五島沖で人気の落とし込…
  8. フォレスト「ネイティブシリー MIU 7g」
    フォレストから渓流、湖で大活躍のスプーン「ネイティブシリーズMIU」に待望の極厚7グラムが新登…
  9. アルミTP-110W 
    ホープから、バスアングラーの待望のパントボート新登場。 「テキサス・パントTP-11…
  10. サンライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」
    サンラインから粘り強さが大型クロダイを浮かす磯釣り用ライン「磯スペシャルフカセちぬ競技」が3月…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る