【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2016年8月12日号

週刊つりニュース中部版 2016年8月12日号表紙

■今週のつり作戦
「夏休みに家族で出かけよう! チョイ投げ五目」
~キス、メゴチ、ヒイラギ、ベラ、根魚etc…。くるもの拒まずでにぎやかに楽しもう(2~3面)
今回のつり作戦は五目釣り。船やイカダではなく、手軽な堤防だ。夏の海では魚たちが元気いっぱい。春先と違って、非常に多彩なターゲットが釣れる。そんな時期、1つの魚種に絞るのはもったいない。ということで、夏休みのファミリー釣行にもピッタリで、釣れるものなら何でもこいの堤防五目釣りに挑戦してみよう
———————————–
【沖釣り! のんびり楽しめるウタセ五目】
~愛知・冨具崎出船(5面)
何がヒットしてくるかワクワクしながらアタリを待ち、かつ初心者も手軽にのんびり楽しめる沖釣りの1つを挙げればウタセ五目。愛知県・美浜町の冨具崎港から出ている船では、小ダイやサバ、マゴチを上げる人も居てにぎわっているようです。皆さんも次の休日に足を運んでみてはいかが!?

【本紙愛読者参加型企画・山本太郎に学ぶ】
~第10回三重・南伊勢迫間浦のカカリ釣り(6面)
本紙愛読者参加型企画・山本太郎に学ぶ。10回目は7月28日、三重県・南伊勢町迫間浦の宝成(ほうせい)渡船を選択。今回の参加者は大阪市の花岡明嗣さん・理恵さん夫婦と、夏休みということもあり高校1年生の一晴君と小学4年生の諒星君も参加。ポイントは実績のある阿口を考えていたが、酷暑での長丁場は大変だと、急きょ養殖場にある屋形イカダへ乗ることになった。山本さんいわく、「同ポイントでクロダイを仕留めるには、ボラの寄りが絶対条件」とのこと。参加者のカカリ釣り歴は1年。果たして結果は…。(編集部)

【タイラバ&ライトジギングで多彩に狙え! 伊勢湾オフショアゲーム】
~愛知・大井出船(32面)
夏本番を迎えて伊勢湾ジギングがにぎやかだ。数週間前まではカツオが回遊していたようだが、現在は産卵から回復したマダイにサワラ、これに大型青物が交じるといった状況だ。さらにカマスやタチウオまで姿を見せ始めたらしく、夏ジギングを楽しむべく愛知県・南知多町篠島のWINGに乗船した。(編集部)
———————————–
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~イカダ釣りに誘おうⅢ(連載404 7面)
★御前崎沖カツオ疾走!
~静岡・御前崎出船(11面)
★長良川本流育ちのアマゴ
~岐阜・郡上漁協管内(23面)
★富来沖のイカメタル
~石川・西海出船(31面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年8月12日号は8月8日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 第45回豊田湖ワカサギ釣り大会
    2月5日(日)、山口県下関市豊田町の豊田湖で「第45回豊田湖ワカサギ釣り大会」(主催・豊田湖観…
  2. がまかつ主催の「第36回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」の予選が各地で開催される。なお、全…
  3. オーナーばりが5月1日から11月30日まで行っていた「虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン…
  4. 毎年1月1日から3月31日まで冬季解禁となる三重県・紀北町の白石湖。厳寒期にイカダ&カ…
  5. 東京湾(横浜港)は高度経済成長期以降の日本経済の貿易拠点として長年にわたって支え、外国客船の玄…
  6. シマノは釣具製品情報をはじめ各種イベントなど、フィッシングシーンをサポートする情報を提供する公…
  7. 2月26日(日)、MFG東日本(マルキユーファングループ)主催の第66回MFG東日本復興親善海…
  8. 1月29日、奈良県の津風呂湖で「ワカサギ釣り大会&釣り体験」が開催される。 詳細は…
  9. 神戸市立須磨海づり公園での「2016年年間大物記録賞」は次の通り(敬称略)。 …
  10. 全国各地で「2017シマノジャパンカップチヌ釣り選手権大会」の予選が行われる。 関西周辺の…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る