【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2016年11月11日号

週刊つりニュース中部版 2016年11月11日号表紙

■今週のつり作戦
「渚釣りクロダイ攻略」
~波打ち際に輝く銀鱗を狙い撃て! (2~3面)
渚釣り。砂浜の波打ち際でクロダイを狙うこの釣法は、福井県発祥の釣法だ。だが、三重県下においてメジャーになることはなく、イカダ釣りや磯釣りに比べ手軽な割にマイナーな存在だ。だが逆にその分釣り人によるプレッシャーは皆無で、どこの砂浜へ行っても活性の高いクロダイに出会える確率が高い。また、壮大な海岸線で波の音を聞きながらのクロダイとのやり取りは、この渚釣りでしか味わえない魅力でもある。そこで今回はポイント選び、釣り方、そして何より釣り人を虜(とりこ)にする渚の魅力をお伝えしたい
———————————–
【秋の波止ウキフカセ釣りクロダイ熱戦展開中】
~三重・紀伊長島港(5面)
波止釣りのクロダイファンに朗報! 三重県・紀北町にある紀伊長島港では、ウキフカセ仕掛けでナイスサイズのクロダイがヒットしているようです。同地を訪れ、浅いテトラ周りで大型クロダイの群れを発見し、文句なしの大型52センチ&51センチをキャッチして大満足の筆者。筆者の釣行レポートをご参考に! 

【沖釣り! 高級魚ヒラメ絶好機】
~愛知・豊浜、三重・国崎出船(9面)
これからの時期、家族へのお土産としても喜ばれ、かつ人気がある代表的な魚を挙げるとなると、やはりヒラメは外せないところだ。今回はそんなヒラメ釣りのシーズンが開幕となった愛知県の豊浜港、三重県の国崎港へ足を運んだ筆者2人の釣行記を紹介。中でも、国崎港の船では1隻内で驚きの92匹(サオ頭18匹)という爆裂釣果。好機を逃さず釣行しよう! 

【地磯でショアジギング! ヒラマサと激闘】
~石川・珠洲(34面)
大型ヒラマサを求めて石川県珠洲市にある地磯へ向かい、ショアジギングでチャレンジした筆者。見事に80センチ&71センチのヒラマサをゲットした。なお、地磯でのトライとなるので、釣行の際は波などに注意して安全第一で! 
———————————–
★こんな楽しみ方も! 沖釣り&バーベキュー
~愛知・片名出船(7面)
★磯釣り! 快心3キロ超イシダイ浮上
~静岡・土肥出船(13面)
★霞ケ浦ふ頭のボトムゲーム
~三重・四日市(30面)
★名港ボートゲーム激アツ! ランカーシーバス狙撃
~愛知・筏川出船(33面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年11月11日号は11月7日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2017年1月27日号表紙
    ■今週の釣りもの 「LTアジ」 大衆魚の代表魚といえばアジ。年間を通して安定した釣果に…
  2. 週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げアブラメ痛快」 キスもカレイも渋い冬の投げ釣りの主役は、アブラ…
  3. 週刊つりニュース中部版 2017年1月27日号表紙
    【2月渓流解禁特集】 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。そこで本…
  4. 週刊へらニュース 2017年1月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「湊川(千葉)」 今年に入って晴天が多いうえ気温の変化も激しく、河…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイ五目釣り」 今週のつり作戦は、レンコダイを主軸にアマダイやイト…
  6. 昨年の様子
    昨年の様子 1月20日(金)~22日(日)の三日間、神奈川県横浜市みなとみらい…
  7. ★がまかつ 「がま鮎競技GTI」 がまかつブースの今年注目の新製品は「がま鮎競技GTI」と…
  8. 埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖が、第21回椎の木湖杯を開催する。 要項は次の通り …
  9. 千葉県成田市にある谷養魚場へら池が毎月第4日曜に、月例大会を開催している。 1月の要項は次…
  10. 茨城県筑西市にある筑波湖で浜田、橋本、忠相プレゼンツ・春のへらぶな釣り感謝祭を開催する。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る