【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2014年10月24日号

chubu141024

■今週のつり作戦
「イカダ&カセの秋クロダイ好機」
~入門にうってつけのシーズン! 一年で一番活性高い最盛期で爆釣も有望(2~3面)
『食欲の秋』との言葉もあるが、この時期から越冬の準備で荒食いするのがクロダイだ。
よく釣れるのは小型になるが、年間でも一番活性が高くなる最盛期。
爆発的な釣果も有望なので、入門するにも最適なシーズンだろう。
そこで今回は、イカダ&カセで狙う秋のクロダイ釣りの基本を紹介しよう
———————————–
【ウタセマダイ快釣】
~愛知・豊浜出船(8面)
伊勢湾口周辺の伝統釣法・ウタセマダイ。春先は大型が有望で、秋は青物も交じって数釣りが楽しめる。
そんなウタセマダイで愛知県・南知多町豊浜港の船に乗った筆者は、塩焼きサイズの他にシオ&ハマチが2ケタ。本番はこれからだ!
【ワカサギ開幕戦】
~岐阜・伊自良湖(21面)
ようやく秋の釣り物の好釣果が聞かれるようになってきたと思っていたら、岐阜県の伊自良湖では早くも冬の風物詩たるワカサギが釣れ始めているようです。今回は筆者2人の釣行記を紹介。ファンの皆さん、準備はお早めに!
【秋の伊勢湾ジギング】
~愛知・師崎、大井出船(28~29面)
現在、伊勢湾でのジギングが好調のようで、青物をメーンにヒットしているようです。
早速チャレンジした筆者2人も満喫。好機を逃さず足を運んで、ターゲットたちとのやり取りを存分に楽しもう!
——————————
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~アタリ読む技術は経験と実績(連載358 4面)
★こうすれば簡単に釣れる! 山本太郎のチヌの羅針盤
~秋の代表エサ・シラサエビの釣り(第26回 6面)
★鷹巣沖秋の陣前哨戦
~福井・鷹巣出船(11面)
★ボートエギング熱気
~福井・沓出船(27面)

———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
中部版10月24日号は10月20日(月)発売
270円(本体価格250円)
———————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「マアジ最盛」 口周りが弱くハリ外れしやすいのに、引きは強烈! やり…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年6月30日号表紙
    ■今週の特集 「ルアーで、エサ釣りで! マゴチ」2~4面 ~茨城・豊丸、東京湾・弁天屋…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月30日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「ビン沼(埼玉)」 関東で一番人気の野釣り場と言えば、まず浮かぶの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビと遊ぼう」 ~釣趣&食味ともに魅力満載(2~3面…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のオフショアゲーム」 シンプルなタックルでヒットさせるまでの駆け…
  6. マゴチ00
    6月11日(日)、「第3回鹿島灘マゴチ釣り大会」が開催された。鹿島旧港と新港から15隻168人…
  7. ◎一鱗会 6月11日(日)、東京湾金沢八景の船宿で例会を開催。参加14人でシロギス総尾数の…
  8. 6月26日(月)、茨城鹿島の不動丸と植田丸で「真鯛魂レンジセッター釣行会」を開催する。 詳…
  9. 7月30日(日)、天羽漁業協同組合湊支所つり船部主催の第15回上総湊港伝統釣法真鯛シャクリ釣り…
  10. 山と渓谷社「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」
    山と渓谷社は「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」を刊行した。 北極から温帯まで、北…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る