【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2016年12月9日号

週刊つりニュース中部版 2016年12月9日号表紙

■今週のつり作戦
「冬の船上は熱気ムンムン! 青物ジギング熱狂」
~いざ中部圏の3大フィールドへ! ターゲットはブリ&ワラサ(2~3面)
冬は魚がうまい季節。特に青物は丸々と太って脂が乗り、釣ってもそのパワーに圧倒される。12月に入れば伊良湖沖、鳥羽沖をはじめ、日本海側でもジギングでは続々と青物爆釣の情報が飛び交う。今回はブリやワラサをメーンのターゲットとした青物ジギングを紹介したい
———————————–
【イカダ&カセのクロダイ! 激アツの的矢湾・三ケ所】
~三重・志摩(6~7面)
イカダ&カセで狙うクロダイは、徐々に冬の釣りへと移行中だが、数釣りで激アツ中なのが、三重県・的矢湾にある三ケ所だ。近縁のキビレも交じるが、1人で3ケタ超の釣果を上げた人も。まだまだ期待できそうな感じなので、今年最後の数釣りで皆さんも足を運んでみてはいかが!? 今回は筆者5人の釣行記をお届けします。乞うご期待! 

【波止釣り! 暗闇に潜む大物】
~愛知・大野漁港(10面)
今回は波止釣りで注目すべき釣行記が届いたのでご紹介! 愛知県の大野漁港へ夜釣りで訪れた筆者が、グッドなコショウダイ54センチ、文句なしのクロダイ、50センチ超のアナゴ、ラストは舟盛りサイズのスズキと大物ずくしの釣果を上げた。筆者の釣行レポートをお楽しみに! 

【初冬のティップラン快釣! ガイド船で尾鷲湾を巡る】
~三重・引本浦出船(32面)
北西の季節風が吹き始めると気温や水温が下がり、浅場に居たアオリイカが深場へと移動していく。そうなると、楽しくなるのがボートのティップラン。三重県・尾鷲湾は季節風の影響を受けにくく、うまく風を利用すれば、これからが本番のパラダイスなのだ。(編集部)
———————————–
★駿河湾のヤリイカ乗り乗り
~静岡・清水出船(12面)
★日本海の完全フカセマダイ絶好調
~京都・京丹後(15面)
★エリアミノーイング白熱! 幻魚イトウと死闘繰り広げる
~滋賀・朽木ルアーフィールド(29面)
★名手に聞く
~第1回高木孝VOL.2(34面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2016年12月9日号は12月5日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る