【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2017年1月13日号

週刊つりニュース中部版 2017年1月13日号表紙

■今週のつり作戦
「厳寒期でも元気いっぱい! 堤防の根魚五目楽し」
~冬の波止を彩る主役たちカサゴ、タケノコメバル、ムラソイ。身近なポイントは意外ににぎやか(2~3面)
釣り物が少なくなる冬。堤防ではウキフカセのクロダイ、ブッコミや探り釣りの根魚あたりが主役となる。今回ピックアップするのは根魚。これから水温が一年で最も低くなる2~3月でも、元気いっぱいにサオを曲げてくれる根魚に注目だ
———————————–
【大野漁港でスズキと真夜中の激闘】
~愛知・常滑(9面)
陸っぱり釣りで狙える大型魚のスズキを求め、愛知県常滑市にある大野漁港を訪れた筆者。モエビをまきながら大型テナガエビのサシエで狙い、見事81.5センチをキャッチした。なお、夜釣りでは安全第一はもちろんのこと、真冬なので防寒対策もバッチリで!

【新春お年玉ビッグプレゼント第2弾(14~15面)】
日ごろの感謝を込めて、「新春お年玉ビッグプレゼント」を用意しました!!メーカー・釣具店の協賛を得てサオ、偏光グラス、車中泊マットなど豪華アイテムをそろえました。新年を占う意味でもぜひ、ご応募ください

【ブリ&ワラサ爆裂! 伊勢湾ジギング大フィーバー】
~愛知・西浦出船(33面)
伊勢湾でブリ爆釣との朗報を聞きつけ繰り出した筆者。愛知県蒲郡市の西浦漁港から出ているオフショア船に乗り込み出船し、あちらこちらでヒットのコールがあり船中は狂乱状態に。船長も経験したことがないほどの爆釣劇だったようです。好機を逃さずチャレンジしてみよう!
———————————–
★深江浦カセでクロダイいい感じ
~三重・的矢湾三ケ所(7面)
★名手に聞く
~渡辺敦第2回(22面)
★エリアミノーイング
~長野・フィッシングランド鹿島槍ガーデン(30面)
★サーフでフルキャスト! ハマチの豪引に酔いしれる
~静岡・潮見坂(32面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年1月13日号は1月9日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2017年1月27日号表紙
    ■今週の釣りもの 「LTアジ」 大衆魚の代表魚といえばアジ。年間を通して安定した釣果に…
  2. 週刊つりニュース関西版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げアブラメ痛快」 キスもカレイも渋い冬の投げ釣りの主役は、アブラ…
  3. 週刊つりニュース中部版 2017年1月27日号表紙
    【2月渓流解禁特集】 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。そこで本…
  4. 週刊へらニュース 2017年1月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「湊川(千葉)」 今年に入って晴天が多いうえ気温の変化も激しく、河…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年1月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイ五目釣り」 今週のつり作戦は、レンコダイを主軸にアマダイやイト…
  6. 昨年の様子
    昨年の様子 1月20日(金)~22日(日)の三日間、神奈川県横浜市みなとみらい…
  7. ★がまかつ 「がま鮎競技GTI」 がまかつブースの今年注目の新製品は「がま鮎競技GTI」と…
  8. 埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖が、第21回椎の木湖杯を開催する。 要項は次の通り …
  9. 千葉県成田市にある谷養魚場へら池が毎月第4日曜に、月例大会を開催している。 1月の要項は次…
  10. 茨城県筑西市にある筑波湖で浜田、橋本、忠相プレゼンツ・春のへらぶな釣り感謝祭を開催する。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る