【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号

週刊つりニュース中部版 2017年3月3日号表紙

■今週のつり作戦
「エリアで巨大トラウトを迎え撃て」
~興奮のサイトフィッシング(2~3面)
近年のエリアフィッシングのスタイルといえば、スプーンやクランクなどを用いた攻略法が一般的だが、私が店長を務める「カリプソ」でひそかに盛り上がりを見せているのが、エリアミノーイング。これまでエリアのミノーといえば、イワナやブラウンなどのイロモノ系をメーンに釣るために用いられてきたが、現在は管理釣り場で最も多く放されているニジマスを対象に作られているミノーも多く、攻略の幅が広がりを見せている
———————————–
【古和浦の海上釣り堀で高級魚大乱舞】
~三重・南伊勢(11面)
シーズンを問わず高級魚がゲットでき、ベテランだけでなく釣りが始めての人も手軽に楽しめる人気の海上釣り堀。三重県・南伊勢町の古和浦(こわうら)にある海上釣り堀を訪れた筆者ら3人が、マダイはもちろん、ヒラメの他に大型青物のワラサを12匹もゲットした。釣行記をお楽しみに!

【名手に聞く】
~永田幹夫第1回(12面)
3月の「名手に聞く」は、渓流ルアーでおなじみの、オーナーばりフィールドテスター・永田幹夫さん。1回目となる今回は、渓流ルアーの現状や昨季の総括、自身の釣りスタイルについて聞いてみた。(編集部)

【ルアーフィッシング!! トローリングで狙うビワマス快釣】
~琵琶湖・大浦出船(27面)
皆さんは「ビワマス」をご存知だろうか!?琵琶湖固有の淡水魚で、真冬でも力強い引き込みが楽しめ、釣り後の楽しみでもある「食」も抜群!!そんなビワマスがトローリングで狙えるとあって、滋賀県長浜市の大浦から出船した筆者ファミリー。グッドな53センチを頭に高級魚を7匹もキャッチできた。皆さんもチャレンジしてみてはいかが!?
———————————–
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~乗っ込みクロダイ(連載418 6面)
★冬も激アツ!! 地磯&渚で銀鱗狙い撃ち
~三重・浜島(7~8面)
★渓流解禁!! アマゴ躍動
~岐阜・郡上漁協管内(19面)
★魅力的!! 高級魚オニカサゴ追激
~愛知・師崎出船(32面カラー)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年3月3日号は2月27日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  2. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  6. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…
  10. 週刊へらニュース 2020年5月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「水沼ダム(茨城)で陸釣りを楽しむ」 茨城県にある水沼ダムは釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る