【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2017年3月24日号

週刊つりニュース中部版 2017年3月24日号表紙

■今週のつり作戦
「タイラバ指南」
~未開の福井・鷹巣~三国沖で挑む! そのポテンシャルは無限大!! 乗っ込み大型マダイを迎え撃て(2~3面)
10年ほど前からマダイ釣りの新メゾットとして定着したタイラバ。そのタイラバのニューフィールドとして脚光を浴びているのが、福井県の鷹巣エリアだ。今回はこのエリアにスポットを当て、乗っ込みの大型マダイを狙ったタイラバを紹介したい
———————————–
【寒グレ(磯釣り)ラストスパート】
~三重・贄浦、奈屋浦、阿曽浦、熊野、和歌山・那智勝浦(8~10面)
グッドサイズが期待できる磯釣りの「寒グレ」シーズンも、そろそろラストスパートの時期で、各釣り場では熱戦展開中のようです。ということで、今回は筆者6人のレポートをお届けします。向かったのは三重県の南伊勢町・贄浦(にえうら)、奈屋浦、阿曽浦、熊野・遊木、和歌山県の那智勝浦。ご参考に!

【華麗なる朱点アマゴ本格化】
~岐阜・栗巣川、三重・中津川、櫛田川水系、静岡・富士川(20~21面)
季節も早春から春本番へ移行しつつあるなか、各渓流ではアマゴが本格化しつつある様相で、良型もヒットしているようです。今回は岐阜県・栗巣川(郡上漁協管内)、三重県・中津川(鈴鹿川漁協管内)、櫛田川水系(櫛田川上流漁協管内)、静岡県・富士川(富士川漁協管内)を訪れた筆者4人の釣行記を紹介。お楽しみに!

【尺オーバー交じりで引き堪能! 尾鷲湾のアジング活況】
~三重・尾鷲(30面)
2日連続、各日の夕方から三重県の尾鷲湾でロッドを振った筆者。初日はMAX26センチまで、翌日は小型をリリースしての尺前後2ケタ&MAX32センチのアジをゲット! 現在、アジングが熱い尾鷲湾。尺オーバーを求めチャレンジしてみてはいかが!?
———————————–
★生浦湾・海女小屋前カセで迎撃! 早春クロダイ
~三重・本浦出船(4面)
★名手に聞く
~永田幹夫第4回(14面)
★渓流トラウト本格始動へ
~山梨・小菅川(27面)
★メバリングの季節
~静岡・御前崎港、石川・能登島(28面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年3月24日号は3月20日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る