【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2017年4月7日号

週刊つりニュース中部版 2017年4月7日号表紙

■今週のつり作戦
「腹パンで重量感たっぷり!! 管理釣り場の春ベラ躍動」
~両ダンゴ釣りのシーズン到来!! 浅ダナ狙い攻略(2~3面)
3月ごろまでは、一日釣りをして10匹前後の釣果で終わることも多いが、4月になると初心者も比較的に簡単にヘラブナを上げられるようになってくる。また、管理釣り場においても腹パンで重量感のあるヘラブナが釣れる季節なのもうれしい。シーズンインしたばかりの両ダンゴ釣りにも、ウキを動かす(アタリを出す)ためのポイントがあるので、今回はエサの扱い方を中心に管理釣り場での春ベラの浅ダナ攻略法を紹介してみたい
———————————–
【キーワードは「水温」と「稚アユ」!! 木曽川のソ上マダカ開幕間近】
~愛知・立田(7面)
まだまだ朝晩の冷え込みはあるが、日中はポカポカ陽気の日も多くなってきた。そろそろ釣りにとお考えの人も多いのではなかろうか。春先の木曽三川での釣りというと、まずソ上マダカを思い浮かべる。今回はソ上マダカ開幕間近ということで、現在の木曽三川の状況や今後の流れを簡単に紹介したいと思う
(本紙APC)

【名手に聞く】
~岩城透第1回(12面)
近年、大人気のイカメタルだが、そのパイオニアともいうべきアングラーが4月の「名手に聞く」に登場だ。その人は岩城透さん。注目の第1回は、イカメタルを思いついたきっかけや、その魅力について聞いてみた
(編集部)

【春の港湾で攻略!! 大型シーバス連打】
~愛知・名古屋港(32面カラー)
バチパターン時のシーバスを攻略しようと、名古屋港訪れた筆者たち。最適だろうルアーをチョイスしつつラン&ガンで攻め、ナイスサイズのシーバスをヒットさせた。使用ルアーなど、釣行レポートをご参考に!!
———————————–
★舞阪網干し場でウキフカセのクロダイ
~静岡・浜名湖(10面)
★美形魚が舞う早春の渓
~岐阜・郡上漁協管内、三重・鈴鹿川漁協管内、山梨・桂川漁協管内(20~21面)
★極上美味! 琵琶湖固有のビワマス追跡
~滋賀・大浦出船(28面)
★ロックフィッシュ元気! 春のライト五目ゲーム
~三重・四日市港(29面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年4月7日号は4月3日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る