【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2017年5月5日号

週刊つりニュース中部版 2017年5月5日号表紙

■今週のつり作戦
「ウタセマダイ」
~伊勢湾の伝統釣法に挑戦(2~3面)
気温も上昇し始め、海の中も徐々に水ぬるむ季節となってきた。伊勢湾ではウタセエビが獲れ始め、待ちに待ったウタセマダイの季節が近づいてきた。ウタセマダイとは、伊勢湾で獲れる生きたエビをエサにして魚の王様・マダイを狙う、全国でも伊勢湾だけで行われている伝統釣法だ。ウタセマダイは難しいだろうと、今まで挑戦したことがない人も多いと思うが、実際は思ったよりも簡単にマダイを手中に収めることができる。そこで今回は、ウタセマダイの初級から中級編を紹介しよう
———————————–
【イカダ&カセのクロダイ乗っ込みモードへ】
~三重・今浦、本浦、相差、畔蛸、千賀、鵜方浜、御座(4~7面)
イカダ&カセのクロダイファンの皆さん、三重県の各釣り場で「お待たせしました」の様相です。例年に比べて遅れ気味だった、良型の複数釣果が有望の乗っ込み期。ようやくモード突入の予感で、投稿数もドカ~ンと増えました。ということで、今週号は4ページに渡り、筆者8人の釣行レポートを紹介します。お楽しみに!

【亀尾島川ヒレピンアマゴ躍動】
~岐阜・郡上管内(19面)
岐阜県・長良川水系で吉田川に並ぶ規模の大きな支流でもある亀尾島川。同地を訪れた筆者が、ヒレピンアマゴ30匹のナイス釣果の他にヒレピンイワナもキャッチした。ゴールデンウイークの釣行プランにいかが!?

【御前崎沖タイラバ本番】
~静岡・御前崎出船(32面カラー)
春から初夏にかけて盛り上がるのが、乗っ込みマダイを狙ったタイラバゲーム。産卵を控えたマダイは食欲旺盛となり、好釣果を狙うには最適な季節だ。今回は、オーナーばりから発売中のタイラバヘッドと、その付属品「チェンジアップシリーズ」を携え、同社スタッフおよび三重テレビ「ルアー合衆国」のメンバーたちが挑戦した、御前崎沖の電動タイラバゲームを紹介する。(編集部)
———————————–
★伊良湖沖の春告げメバル良型揃い
~愛知・師崎出船(8面)
★満を持して出動!! 木曽川のテナガエビ調査
~愛知・立田大橋下手(9面)
★DYFCトラウトスクール開催
~長野・平谷湖フィッシングスポット(26面)
★フライフィッシング!! ドライに躍る渓魚たち
~長野・根羽川(27面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2017年5月5日号は5月1日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2017年6月2日号表紙
    ■今週の釣り物「ムギ・マルイカ」 しっかり誘い、繊細なアタリを察知。ゲーム性が高い釣り物で…
  2. 週刊つりニュース関西版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「スロージギングに挑戦」 初夏の沖はお魚パラダイス。魅力的な魚が目白…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月2日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「豊英湖(千葉)」 千葉県君津市にある豊英湖は三島湖、戸面原ダムと…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ナマズゲーム] ~昼も夜もエキサイティング!! ハマり過ぎには注意…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月2日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ブラックバス」 今週のつり作戦は、趣向をガラリと変えて、いきなりホ…
  6. 釣具のまつお
    大分県日田の三隈川沿いに店を構える釣具のまつお。三隈川をはじめ日田エリアはアユ釣り場として知ら…
  7. marukyu
    マルキユーからコイ釣り用配合エサ「粒鯉」が新発売。 動物性の素材を主体に用いた、集魚…
  8. hayabusa
    ハヤブサから遊動式鯛ラバ「無双真鯛フリースライド」シリーズに、新形状のネクタイが登場。 …
  9. dai3matsuei_hirame
    外房大原の第三松栄丸で開催されていた第10回ヒラメマスターズ。5月6日(土)に今季のヒラメ釣り…
  10. gama_ayu
    がまかつからアユ竿「がま鮎 競技GTI」が新発売。 極泳がせ…泳…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る