【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2014年11月7日号

chubu141107

■今週のつり作戦
「エリアトラウトに挑め」
~状況に応じてルアーを使い分けよう(2~3面)
渓流が禁漁となり、気温も低くなってきた。今年もいよいよエリアが楽しい季節。エリアには渓流でお目にかかれないサイズの魚や、「イロモノ」と呼ばれる珍しい種類の魚が放流されており、気軽にこれらと対峙(たいじ)できるのが大きな魅力だ。今回はエリアトラウトの攻略法を使用するルアー別に解説していきたい
———————————–
【沖釣り! タチウオ快釣】
~愛知・師崎出船(4面)
中・小型が主体ながらも、数が有望だということで人気のある秋のタチウオ釣り。今年の開幕当初は小型が多かったようですが、そろそろグッドサイズと呼べるようなタチウオも上がり始めているようです。愛知県・南知多町の師崎港の船に乗った筆者が、良型の指4、5本を頭に数釣りを堪能。今後も期待できそうだ!
【イカダ&カセで満喫! クロダイ元気いっぱい】
~三重・答志島、今浦、本浦、安乗、須賀利(8~10面)
近年、大量発生してイカダ&カセのクロダイ師たちを悩ませているアイゴもまだ活発のようだが、クロダイたちも負けずに元気いっぱい。爆烈釣果の情報を目にする機会も増え、そろそろ皆さんお待ちかねのクロダイ祭り状態になりそうな感じだ。しかし、シーズンは早くも晩秋で、あと1カ月もすれば初冬。好機を逃さず足を運ぼう!
【オフショアジギング! 秋の大漁祭!!】
~愛知・内海、三重・相差、福井・敦賀出船(32~33面)
気温が下がって秋も深まってきたが、ジギング大好きなアングラーたちは熱気ムンムンで、東海&北陸エリアの各地ではホットな状況のようです。今回はシーバス狙いで愛知県の内海、ハマチ&カンパチ狙いで三重県の相差、青物&シーバス狙いで福井県の敦賀から出船した筆者らの釣行レポートをお届けします。ご参考に!
——————————
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~アタリ読む技術は経験と実績Ⅱ(連載359 9面)
★こうすれば簡単に釣れる! 山本太郎のチヌの羅針盤
~今季の総評&晩秋の数釣り(第28回 11面)
★静岡ネットワーク! ヒラメのシーズン到来
~浜名湖・新居出船(15面)
★たまには食い気に走ってみるのも…。ハタゲーム
~三重・南伊勢エリア(31面)

———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。


中部版11月7日号は11月3日(月)発売

270円(本体価格250円)

———————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る