【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2018年4月6日号

週刊つりニュース中部版 2018年4月2日号表紙

■中部版・創刊30周年記念号
今週は「中部版・創刊30周年記念号」!! 
4月6日号(4月2日発売)は週刊つりニュース中部版・創刊30周年記念号です。中部の釣りとともに歩んできた30年の歴史を振り返り、年表形式の特集を予定。また、読者の皆様に感謝を込めて豪華プレゼントも多数用意。人気のクロダイ釣りの名人や老舗船宿の船長へのインタビューも掲載予定です。乞うご期待!! (編集部)
———————————–
【表紙で振り返る中部版の歴史】(2~3面)
週刊つりニュース中部版30周年記念号。まず特集第1弾は「中部地方の釣りと歩み続けて30年」と題して、創刊の昭和63年から現在の平成30年までを表紙の移り変わりに合わせて日本・世界の主な出来事を年表方式で振り返ってみました。懐かしさも、ぜひご堪能あれ!! 

【名手&船長に聞く】(4~5面)
特集第2弾としては、4面・5面の2ページに渡って名手&船長へのインタビューを掲載しました。まず4面では、クロダイ釣りの名手・山本太郎さんに釣り道を。5面では、愛知県・南知多町片名港出船のまつしん丸・松下代表、福井県敦賀市から色ケ浜出船の豊漁丸渡船・遊津船長&敦賀港出船のシーモンキー・堂前船長にこれからのビジョンなどについて拝聴。お楽しみに!! 

【30周年記念ビッグプレゼント】(6~7面)
「記念号ならこれは外すことができないでしょう」ということで、特集第3弾としては、皆さんも楽しみにしているだろう「30周年記念ビッグプレゼント」を用意させていただきました。各メーカーなどから協賛を得て、豪華なアイテム多種が勢ぞろい。たくさんのご応募、お待ちしております!! 
———————————–
★ニューロッドで豪引満喫!! ボートクロダイ激釣
~愛知・飛島筏川河口出船(12面カラー)
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~春に始めようイカダ釣り(連載446 16面)
★季節移りヘラブナ動く
~愛知・佐屋川源さん前、佐屋川西ノ森、佐屋川渡り下、岐阜・五町八幡大池、コマ池、三重・大安池(27~28面)
★Fシステムで良型メバル狙い撃ち!! 
~和歌山・新宮(32面)
———————————-

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2018年4月6日号は4月2日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2019年1月25日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は、いつものつり作戦とは趣向を変えてA…
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年1月25日号表紙
    ■今週のつり作戦 「メバルに照準」 釣って楽しく食べておいしいメバルは、波止でも船でも…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年1月25日号表紙
    ■今週の特集 「アカムツ&キンメ」 釣り人の特権、脂が乗った美味しい魚、アカムツやキン…
  4. 週刊へらニュース 2019年1月25日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「土浦新川・茨城」 年が明けて大寒波が襲来し、野釣りでオデコ覚悟の…
  5. 週刊つりニュース中部版 2019年1月25日号表紙
    今週号は「2月渓流解禁特集」 いよいよファン待望の渓流釣りシーズン開幕が近づいてきました。…
  6. 週刊つりニュース関西版 2019年1月18日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ盛期へ」 例年より海水温が高いままシーズン入りした今年の寒グ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2019年1月18日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、シーズン本番に突入した磯の寒グロの…
  8. 週刊つりニュース関東版 2019年1月18日号表紙
    ■今週の特集 「フィッシングショー」 釣り業界最大級のイベントであるフィッシングショー…
  9. 週刊つりニュース中部版 2019年1月18日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アマダイ講座」 ~冬の沖釣り最高の押しメン!! 与件考え好釣果を目…
  10. 週刊へらニュース 2019年1月18日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 埼玉県東松山市にある明善谷沼が、この時期にし…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る