【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2015年9月11日号

週刊つりニュース中部版 2015年9月11日号表紙

■今週のつり作戦
「秋アオリ シーズンイン」
~混雑する陸っぱりを避けて新たなフィールドのイカダ&磯へ(2~3面)
9月になると、やっぱり気になるのがアオリイカ。気の早い人ならお盆すぎから狙うようだが、やはり本番は9月に入ってからだろう。手軽な堤防からのエギングだが、近年はイカよりも人の方が多いのが実情だ。そこで今回は、渡船を利用することになるが、のんびりマイペースで楽しめるイカダからと、良型が狙える磯からのアオリイカ・エギングを紹介したい
———————————–
【読者参加型企画! 山本太郎に学ぶ】
~三重・鳥羽 答志島桃取沖堤編(第3回 10面)
7月から月イチでスタートした本紙愛読者参加型の新企画「山本太郎に学ぶ」。ところが、2回目に続き3回目もダブル台風の影響で釣行日が延期となってしまった。釣行できたのは8月31日で、三重県鳥羽市答志島桃取の沖堤を舞台に、ウキダンゴ(紀州釣り)でクロダイを狙った。厳正なる抽選の結果選ばれたのは、愛知県岡崎市の柴田宏哉さん。台風と前日まで降っていた雨の影響が心配されるなか、果たして結果は…

【安曇川アユ爆釣】
~滋賀・朽木(23面)
アユのトモ釣りファンの皆さん、今シーズンの釣果はいかがなものでしょう!? そろそろ大型狙いの好期本番となりつつある状況ですが、まだまだ数釣りが楽しめている河川も…。それは滋賀県の安曇川で、3ケタ近くの釣果を上げている人もいるようです。今季の数釣りに納得できていない人には朗報!? 筆者2人の釣行記をご参考に!

【日本海で熱戦展開中! 人気沸騰イカメタル】
~福井・色ケ浜、茱崎、小樟出船(32~33面)
近年人気のイカメタル。筆者3人も満喫したようです。福井県の色ケ浜、茱崎、小樟から出船して、良型の連チャンあり、ノリノリ状態あり、胴長30センチオーバーのヒットあり! 皆さんも足を運んでみてはいかが!?
———————————–
★まだまだイケるぞ! 大山沖イサキ活況
~愛知・豊浜、師崎出船(4面)
★イカダ&カセで狙うクロダイ快引
~三重・答志島、三ケ所、安乗、島勝浦、須賀利(6~8面)
★晩夏のヘラブナ
~愛知・佐屋川西ノ森、岐阜・五町八幡大池、札野池、三川FP、ごまんど池、新堀川、コマ池(24~25面)
★好調続く晩夏の伊勢湾ジギング! マダイ&サワラに照準
~愛知・片名出船(31面)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年9月11日号は9月7日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る