【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2015年11月6日号

週刊つりニュース中部版 2015年11月6日号表紙

■今週のつり作戦
「エリアへ行こう」
~手軽に楽しむルアーフィッシング!元気いっぱいのトラウトが相手(2~3面)
近年タックルの種類が爆発的に増加し、釣りの1つのジャンルとしても確立しつつある管理釣り場のエリアルアーフィッシング。これから寒くなっていくにつれて、中部地方では続々とオープンする管理釣り場の情報を待ちわびたアングラーも少なくないと思う。そこで今回は、ルアーフィッシング入門者やこれから釣りを始めてみたいという人を対象に、手軽に魚と遊べるエリアルアーフィッシングを紹介したいと思う
———————————–
【沖釣り! ヒラメの季節到来】
~三重・国崎出船(6面)
ファン待望のヒラメ釣りがいよいよ開幕! 三重県鳥羽市国崎港から出ている船では、いいスタートダッシュとなっているようです。好調との情報を聞きつけて早速足を運んだ筆者。まだ小ぶりながら本命40センチ前後を7匹、他にオオモンハタも3匹キャッチして満足できたようです。今後は数だけでなくサイズアップも期待できそうだ

【読者参加型企画! 山本太郎に学ぶ】
~第5回三重・五ケ所湾カカリ釣り編(8面)
7月から月イチでスタートした本紙愛読者参加型の企画・山本太郎に学ぶ。5回目となる今回は季節的に型より数を狙ってみようと、秋晴れの好天に恵まれた10月20日、三重県・五ケ所湾内瀬の内瀬釣りセンターのイカダを訪れた。厳正なる抽選の結果、選ばれたのは三重県・菰野町の日代山清和さん。カカリ釣りの経験は2年で、尾鷲方面でマダイを釣ったことはあるが、クロダイの顔はまだ見たことがないとのこと。果たして結果は…

【青物肥ゆる秋! ジギングで迎撃】
~福井・三国沖(34面)
これから旬を迎える青物狙いで出船した筆者ら。船中では、まずワラサと呼ぶには少し小ぶりの大ハマチ、そしてワラサがヒットして活気づく。この他アオハタ、アマダイ、カサゴなども顔を見せてくれたようです。爆発はこれからかも…
———————————–
★波止釣りにぎやか
~愛知・名港貯木場周辺、立田大橋上下流、知多新舞子、内海新港、師崎漁港、三重・磯津漁港(11~13面)
★今年も湖上の妖精たちの季節が到来! 入鹿池ワカサギ好発進
~愛知・犬山(22面)
★海上のソルトルアーパラダイスへ! イカダ五目ゲーム
~三重・内瀬イカダ(32面)
★ティップラン各地で活況
~三重・五ケ所湾、福井・音海(33面)
———————————–

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年11月6日号は11月2日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 快晴で絶好の釣日和
    「震災復興第4回日立沖真鯛釣り大会」は先月開催予定だったがシケのため順延。10月9日(月・祝)…
  2. 天龍
    長野県・平谷村の平谷湖フィッシングスポットでは、ロッドメーカー天龍による「トラウトロッド、フラ…
  3. getyu
    愛知県北名古屋市にある室内コイ釣り堀のフィッシングポイントげっちゅーでは「げっちゅー釣り大会」…
  4. 今年も「ダイワへらバトル2017インひだ池」〈主催・グローブライド〉が開催される。 秋恒例…
  5. 集合写真
    10月8日、愛知県犬山市の入鹿池を舞台に、ズイール元代表でトップの重鎮として名をはせた柏木重孝…
  6. 第16回カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY cup
    10月1日(日)、東京湾久比里の船宿で第16回カワハギ釣り大会 上州屋&TORAY c…
  7. 10月1日(日)、MFG東日本(マルキユーファングループ)主催の第71回東日本復興親善海釣り大…
  8. 11月5日、大阪・水藻フィッシングセンターで「リーダース関西第34回へらぶな釣り大会」が開催さ…
  9. jigging
    10月21、22日の2日間、大阪市鶴見区で「第11回ジギングフェスティバルin大阪」が開催され…
  10. 10月16日~11月12日の期間、兵庫・尼崎市立魚つり公園と西宮市の鳴尾浜臨海公園海づり広場で…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る