【紙面ダイジェスト】 週刊つりニュース中部版 2015年11月13日号

週刊つりニュース中部版 2015年11月13日号表紙

■今週のつり作戦
「陸っぱりシーバス盛期へ」
~身近なフィールドでビッグファイトを楽しもう(2~3面)
暑い夏が過ぎて秋風が吹き始めると、夜な夜なタックルを車に積み込み名古屋港へ出かけてしまう。早めにビール抜きの夕食を終え、心地いい夜風に吹かれながらロッドの風切り音、快適なリーリング、そして突然訪れる生命反応。強烈な引きを見せるシーバスとのやり取りを楽しみ、キャッチ&リリースした時の爽快感。そんな狩猟本能に目覚めたアングラーが待ちに待った秋の到来を、初心者にも分かりやすいように解説してみたい
———————————–
【沖釣り! 1回の釣行で2度おいしいリレー釣り活況】
~愛知・師崎出船(4~5面)
愛知県・南知多町師崎港の船では、この時期に人気が高くて今シーズンも好調なウタセ五目釣り&タチウオ釣りがリレー形式で楽しめる。ウタセ五目は小ダイ主体に魚種が多彩、タチウオは開幕当初の指2~3本級からどんどんサイズアップして現在は指4.5本級も上がっているようです。次の釣行にいかが!?

【静岡ネットワーク! 金洲のカンパチ強烈】
~伊豆・土肥出船(12面)
大型高級魚狙いで屈指の好ポイント・金洲がいい感じのようです。静岡県伊豆市の土肥港から出船した筆者ら。船中でカンパチ12キロオーバーを頭に2ケタ、ヒラマサ10キロオーバー、この他に立派なシマアジも。魅力いっぱいの金洲へ繰り出そう!

【富来沖の青物好期】
~石川・西海出船(33面)
大型青物が有望な石川県の富来沖は今シーズンも快調のようです。例年だと富来沖でのジギングは年末までワラサの数釣りが楽しめ、大爆釣することも…。また、今年はブリが多くてヒラマサも交じっているようです。チャンスを逃さず足を運ぼう!
———————————–
★細江保夫のめざせ!! イカダ名人
~アケミ両貝・バタフライ釣法Ⅱ(連載385 9面)
★釣っちゃえ北陸! 波止五目にぎやか
~福井・小浜新港(14面)
★コマ池の大ベラ
~岐阜・海津水郷(24面)
★親子で楽しむバスフィッシング
~滋賀・琵琶湖(31面)
———————————–

一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
2015年11月13日号は11月9日(月)発売
270円(本体価格250円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 第45回豊田湖ワカサギ釣り大会
    2月5日(日)、山口県下関市豊田町の豊田湖で「第45回豊田湖ワカサギ釣り大会」(主催・豊田湖観…
  2. がまかつ主催の「第36回G杯争奪全日本がま磯(チヌ)選手権」の予選が各地で開催される。なお、全…
  3. オーナーばりが5月1日から11月30日まで行っていた「虫ヘッド釣法目指せ100魚種キャンペーン…
  4. 毎年1月1日から3月31日まで冬季解禁となる三重県・紀北町の白石湖。厳寒期にイカダ&カ…
  5. 東京湾(横浜港)は高度経済成長期以降の日本経済の貿易拠点として長年にわたって支え、外国客船の玄…
  6. シマノは釣具製品情報をはじめ各種イベントなど、フィッシングシーンをサポートする情報を提供する公…
  7. 2月26日(日)、MFG東日本(マルキユーファングループ)主催の第66回MFG東日本復興親善海…
  8. 1月29日、奈良県の津風呂湖で「ワカサギ釣り大会&釣り体験」が開催される。 詳細は…
  9. 神戸市立須磨海づり公園での「2016年年間大物記録賞」は次の通り(敬称略)。 …
  10. 全国各地で「2017シマノジャパンカップチヌ釣り選手権大会」の予選が行われる。 関西周辺の…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る