【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2016年2月5日号

週刊へらニュース 2016年2月5日号表紙

■今週の推薦釣り場
「群馬の水郷(群馬)」
立春は近いが水中は真冬の延長。冬眠状態のヘラに口を使わせるにはそれなりの技術が必要。加えて重要なのが釣り場の選択だ。魚影の濃い管理池でさえもウキの動きが悪く、まして野釣り場となればアタリオデコで終わってしまう場合も少なくない。群馬県板倉町にある群馬の水郷は放流量がアップしたおかげか、厳寒期に浅ダナで数釣りが可能になった。防寒対策をしっかりして楽しんでほしい
〈山野正義〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「棚網久はこう釣る」――。第12回は千葉県市原市にある高滝湖へ。おいおい、季節を間違えてないかい。まだ春は先だぜ。そんな声が聞こえてきそうだが、棚網は「コイの中にヘラが交じってくるかもしれないって聞いたんだ。釣れればデカいみたいだし」と至ってマジな顔だった。確かにコイの後ろに大型が着くと言うのは定説だが、そもそもこの時期にコイが食ってくるのもおかしな話だ。百聞は一見にしかず。ともかく実釣あるのみ
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
印旛新川(千葉)で42センチが浮上!
———————————–
★作田川(千葉)が40.9センチ!
★元荒川は40センチジャスト
★市野川(埼玉)も良型
★戸張誠・上達への道しるべこれで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2016年2月5日号2月1日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2020年6月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アナゴを釣ってみよう」 ~早起きなしの納涼フィッシング(2~3面)…
  2. 週刊へらニュース 2020年6月5日号表紙
    「本紙初登場! 白竜湖(山形)」 山形県南陽市にある白竜湖は、湿地帯の中にある周囲3.5キ…
  3. 週刊つりニュース関東版 2020年6月5日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱ釣りだね!!」 ・華麗なるマス料理 ・トモ釣りの名手が解説 …
  4. 週刊つりニュース西部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「梅雨グロ」 梅雨(つゆ)の季節がもう間もなくやってくる。うっとうし…
  5. 週刊つりニュース中部版 2020年6月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「小アユ輝く!! お手軽さが最大の魅力」 ~舞台は琵琶湖へ流入する河…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年5月29日号表紙
    ■今週の特集 「アユ香る季節」 ・アユトモ釣り名手の「タフ条件下」攻略術 小沢聡 …
  7. 週刊へらニュース 2020年5月29日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「三名湖(群馬)」 新型コロナウイルスの影響で一時休業していた三名…
  8. 週刊つりニュース西部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「バスフィッシング」 絶大な人気を誇るバスフィッシング。手軽に楽しめ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2020年5月29日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ盛期へ」 ~梅雨の声が聞かれる…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年5月22日号表紙
    ■今週の特集 「やっぱり釣りが好き」 海から淡水まで各地で上昇中 ・釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る