【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2016年4月1日号

週刊へらニュース 2016年4月1日号表紙

■今週の推薦釣り場
「水城公園しのぶ池(埼玉)」
関東地方ではサクラが開花し、ヘラ釣りはベストシーズンに突入。冬眠状態から目覚めた魚が体力回復のために荒食いをする季節でもある。埼玉県には公園内の池に市や自治体でヘラやコイなどを放流した無料釣り場が幾つかある。なかでも行田市にある水城公園しのぶ池は、魚影の濃さがトップクラス。型は平均9寸前後だが、荒川本流から移流された尺半クラスの超大型も飛び出す。初心者からベテランまで手軽に楽しめるオススメ釣り場だ。〈山野正義〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「熊谷充の野釣り行脚」。第19回は群馬県の釣り場を乗っ込み狙いで走り回った奮戦記をお届けしよう。まずはみどり市にある阿左美沼。昨年50上が何枚も出て大フィーバーしたが、取材時はまだシラー。次に館林市にある城沼へ行くも、釣り人がいるだけで釣れる気配ゼロ。常連も「竿を出すだけムダだよ」と。こうなったら大型でなくても、キレイな腹パンが釣れればと向かったのが城沼から車で15分の近藤沼だった。ところが…。取材日は3月18日(金)。〈本紙・関口〉

【終面カラー】
切所沼(埼玉)放流魚の数釣り堪能
———————————–
★短期集中連載「乗っ込みここを狙え!」は延方水路(茨城)
★牛久沼排水機場(茨城)で40上2枚含め良型21枚!
★小櫃川(千葉)、常陸利根川(茨城)で良型強引!
★戸張誠・上達への道しるべこれで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2016年4月1日号3月28日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯グレの気配」 秋が深まるにつれうるさかったエサ取りも次第に少な…
  2. 週刊つりニュース中部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋のウタセマダイ攻略」 ~エサの刺し方が最大のキーポイント!! 「…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年10月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 さあ、秋磯のクロの季節がやってきた。今回の「今週の…
  4. 週刊へらニュース 2018年10月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「潮来前川(茨城)」 不安定な陽気が続くもののようやく暑さが落ち着…
  5. 週刊つりニュース関西版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タイラバ秋の陣」 シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「大分沖・船タチウオ」 現在、大分沖の船釣りで脚光を浴びているのがタ…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年10月19日号
    ■今週の特集 「落ちハゼ」 これからがシーズンになっていく落ちハゼの釣り。 身近な…
  8. 週刊へらニュース 2018年10月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖(千葉)」 あまり知られていないが、実は秋も大型の好シーズ…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年10月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「伊勢湾の沖釣りは旬魚満載!! 秋のウタセ五目」 ~釣れた魚は全て本…
  10. 週刊つりニュース関西版 2018年10月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「痛快! 磯のイシダイ釣り」 秋は磯の底物が荒食いする季節。アタリも…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る