【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2016年12月23日号

週刊へらニュース 2016年12月23日号表紙

■今週の推薦釣り場
「市野川(埼玉)」
埼玉県東松山市と吉見町の境を流れる市野川の釣況が上向いてきた。最低でも5~6枚。いい日並みなら10枚以上の尺上から泣き40センチが釣れている。平場では寒くなると次第にアタリが乏しくなる。型を見られればいいなどと泣くシーンも増えてくるころだ。そんな時こそ流れ川に足を運んでみよう。真冬とは思えない豪快なアタリと引きを楽しめるはずだから
〈編集部〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「レベルアップ塾」ビギナーの釣技向上をはかるレベルアップ塾。最終回はマルキユーチーフインストラクターの小山圭造が登場。千葉県富津市にある戸面原ダムで強風下でもアタリを出す方法をレクチャーする。取材当日は季節外れの南風。しかも午前9時を過ぎると湖面が白波立つほどの強風に変わってしまった。魚はいる。だが風とゴミと流れで、周囲は苦戦を強いられる。その状況下で小山だけがポツポツ竿を絞る。何か秘策でも?取材日は12月9日(金)だ
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
「宮崎まこの一期一景」
モデル・タレントとして活躍中の宮崎まこちゃんが、ヘラブナ釣りに挑戦する企画「一期一景」。第5回目は、栃木県小山市にある吉森へら鮒センターで再びセット釣りに挑戦。今回は混雑する日曜、さらに午後から強風。厳しい条件のなかでも、しっかりと良型新ベラをゲット
———————————–
★そろそろ土浦新川(茨城)がいいね!
★鵜沼堰(千葉)は新ベラ活発
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2016年12月23日号12月19日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る