【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2017年1月13日号

週刊へらニュース 2017年1月13日号表紙

■今週の推薦釣り場
「門池(静岡)」
冬になると行きたくなる釣り場がある。静岡県沼津市にある門池だ。放流がされていて新ベラも狙えるが、今年はあまり食っていない。その代わり良型の地ベラ(旧ベラ)の強引が楽しめるのだ。数はさほど期待できないが、それでもこの時期にウキが動くのは貴重な釣り場ではないだろうか。高速道路のインターからも近いしアクセスも良好なので好天の日に出かけてみては
〈熊谷充〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「野のスタイル」。杉山達也が関東一円の野釣り場を巡る「野のスタイル」–。第34回は静岡県伊豆市にある早霧湖の桟橋釣り。狙って行ったわけではないが、取材当日の朝に放流があった。800グラム~1キロ級を1トン。それは見事な魚ばかりだった。これが食ってくれれば。ところが口を使ったのは舟のポイントで桟橋エリアはカヤの外。それでも午後になりたまたま沖宙を狙ったら、それが見事にハマってしまった。釣りとは分からないものだ
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
細井昭宏が八光園(埼玉)にチャレンジ
———————————–
★特選初釣り場紹介
★栗山川(千葉)が面白い
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2017年1月13日号1月9日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る