【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2014年10月31日号

hera141031

■今週の推薦釣り場
「群馬の水郷(群馬)」
肌を刺す早朝の冷気に本格的な秋を実感し、秋ベラシーズンが最盛期を迎えた。群馬県邑楽郡板倉町にある群馬の水郷は谷田川と通じているので魚のコンディションがよく、良型が活発にエサを追っている。さわやかな秋晴れの下、良型の数釣りを満喫しよう。
〈APC・中村直樹〉
———————————–
【中面センター見開きカラー】
杉山達也が関東一円の野釣り場を巡る「野のスタイル」――。第22回は杉山の地元、栃木県益子町にある大郷戸ダムに3回目の挑戦。名実ともに業界トップクラスの技量を持つ杉山を持ってしても、同湖の地ベラはなかなか口を使ってくれない。1回目は完全アタリデコ。2回目も釣るには釣ったが夕方の納竿間際に放流ベラのみ。放流はもういい。今回こそ良型地ベラ。それだけを胸に彼は今日も釣り台を下ろす。取材日は10月18日(土)
〈本紙・関口〉
【終面カラー】
今年のシマノジャパンカップ覇者・吉田康雄が新河岸川放水路で快釣!
先日行われたシマノジャパンカップ2014の優勝者が今度は一転、初場所の野で竿を出す。未経験の釣り場なのにガイドなんてできるのか? そんな声が聞こえてきそうだが心配はご無用。終わってみれば午後2時までで40枚の大釣りとなったその釣技をご覧頂こう。
〈本紙・関口〉
———————————–
★袋のため池・東池(千葉)で新ベラが入れパク。短時間で数釣りを満喫
★ビン沼(埼玉)が好調をキープ。今後ますます期待大
★一碧湖(静岡)での例会でV
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消

———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。
へらニュース10月31
日号は10月27日(月)発売
300円(本体価格278円)
———————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「マアジ最盛」 口周りが弱くハリ外れしやすいのに、引きは強烈! やり…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年6月30日号表紙
    ■今週の特集 「ルアーで、エサ釣りで! マゴチ」2~4面 ~茨城・豊丸、東京湾・弁天屋…
  3. 週刊へらニュース 2017年6月30日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「ビン沼(埼玉)」 関東で一番人気の野釣り場と言えば、まず浮かぶの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「テナガエビと遊ぼう」 ~釣趣&食味ともに魅力満載(2~3面…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年6月30日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏のオフショアゲーム」 シンプルなタックルでヒットさせるまでの駆け…
  6. マゴチ00
    6月11日(日)、「第3回鹿島灘マゴチ釣り大会」が開催された。鹿島旧港と新港から15隻168人…
  7. ◎一鱗会 6月11日(日)、東京湾金沢八景の船宿で例会を開催。参加14人でシロギス総尾数の…
  8. 6月26日(月)、茨城鹿島の不動丸と植田丸で「真鯛魂レンジセッター釣行会」を開催する。 詳…
  9. 7月30日(日)、天羽漁業協同組合湊支所つり船部主催の第15回上総湊港伝統釣法真鯛シャクリ釣り…
  10. 山と渓谷社「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」
    山と渓谷社は「改訂新版サケマス・イワナのわかる本」を刊行した。 北極から温帯まで、北…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る