【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2017年2月3日号

週刊へらニュース 2017年2月3日号表紙

■今週の推薦釣り場
「灰俵沼(埼玉)」
野釣り場は一年でもっとも厳しい時季を迎えた。例年より冷え込む日が多いためか、朝や曇りの日などは濡れたタオルやエサが凍り、道糸は竿に張り付いてしまう。ウキはエサ落ちだけを知らせる1本の棒になってしまいがち。それでも一枚の貴重な野ベラを求めて、足繁く通うのが根っからの野釣りファンだろう。そこでオススメなのが埼玉県川越市にある灰俵沼。川越景観百選に認定された風情ある釣り場だ。放流はされていないが、風に強く、ジャミがおとなしいのでこの時季は人気が高い
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「棚網久はこう釣る」–。第15回は千葉県我孫子市にある小川つり堀園。新発売された大型対応ロッドをひっさげて最低でも40センチ上がノルマだ。しかし季節は厳寒期。思うようにウキは動いてくれない。同園オーナーが面白いことを言う。「うちの魚は釣りがうまい人のところに寄りつかない。大型を釣るのはいつも決まって竿から手を離しているおじいちゃんさ」と。取材日は1月18日(水)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
及川健一の亀山湖(千葉)奮戦記
———————————–
★旭新川(千葉)で尺半登場!
★竿が立つ! 群馬の水郷
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2017年2月3日号1月30日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース西部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「早春のアオリイカ(エギング)」 春アオリといえば、産卵のために浅場…
  2. 週刊つりニュース関東版 2017年3月31日号表紙
    ■今週の釣り物「マブナ」 「釣りはフナに始まり、フナに終わる」という格言もあるくらい、多く…
  3. 週刊つりニュース関西版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みマダイと勝負」 関西のサクラも開花までいよいよ秒読み、そし…
  4. 週刊へらニュース 2017年3月31日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「鳥羽井沼自然公園の池(埼玉)」 都心ではサクラが開花していよいよ…
  5. 週刊つりニュース中部版 2017年3月31日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセ春の乗っ込みクロダイ雄姿」 ~回遊&居…
  6. シーガーPE X8
    シーガーからこだわり派のためのPEライン「シーガーPE X8」が4月発売予定。 同社…
  7. F90CETX
    ヤマハから軽量・コンパクトを追求した4ストローク船外機「F90C」が4月発売。 新世…
  8. hayabusa
    ハヤブサからタイにこだわる船釣り師のための「無双真鯛」シリーズに鱗ケイムラサバ皮とケイムラフッ…
  9. 総会の様子
    3月4日(土)、埼玉県川口市にある市民ホール・フレンディアで日本へら鮒釣研究会の平成29年度定…
  10. 5月20日(土)、第38回湘南ひらつかシロギス沖釣り大会=平塚市観光協会主催=が開催される。 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る