【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2017年2月24日号

週刊へらニュース 2017年2月24日号表紙

■今週の推薦釣り場
「田貫湖(静岡)」
陸っぱり天国でしかも絶景の富士山を眺めながらの釣りもできるのが、静岡県富士宮市にある田貫湖だ。盛期ほどの大釣りは期待できないが、この時季でも良型狙いで楽しめる貴重なフィールドのため、県外からも足を運ぶ人が少なくない。標高がやや高いので寒さ対策を万全にして出かけてみよう。思わぬ型物と巡り会えるかもしれないのだから
〈伊藤さとし〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「NEOスタンダード」
名だたる釣り人でもけっしておろそかにしないのが「基準となるエサや釣り方」。今回から隔月で始まる新企画「NEOスタンダード」は、ヘラ釣りビギナーやステップアップしたい人、さらにはベテランでもついつい忘れがちな「基」を的確に実践し、そのうえで応用テクニックを余すところなく披露する。その講師役に、競技から野の大型狙いまで、幅広い釣りに精通しているオールラウンダー「ウッチー」こと内島康之(マルキユーインストラクター)が登場。第1回のテーマは隼人大池(埼玉県白岡市)でウドンセットの段差の底釣り。常連をも苦しめる厳寒期の食い渋りをウッチーはどのような「新基準」を展開して攻略するのだろうか
〈本紙・宮根〉

【終面カラー】
いよいよ手賀川(千葉)が始動!
———————————–
★仙女ヶ池(埼玉)で43.7センチ
★型そろう旭新川(千葉)
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2017年2月24日号2月20日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「タラジギングに挑戦」 マダラといえば冬のイメージが強いが、釣りのタ…
  2. 週刊へらニュース 2018年6月1日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「芦ノ湖(神奈川)」 神奈川県箱根町にある芦ノ湖が面白くなってきた…
  3. 週刊つりニュース西部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「初夏のブラックバス」 今週のつり作戦は、大人気のブラックバスゲーム…
  4. 週刊つりニュース中部版 2018年6月1日号表紙
    ■今週のつり作戦 「工夫を重ねてスキルアップを目指せ!! ムギイカメタル」 ~日本海初…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年6月1日号表紙
    ■今週の特集 「コマセ釣り」(2~5面) 釣り物が多彩なコマセ釣り。東京湾剣崎松輪・あ…
  6. enagyokyou
    岐阜県中津川市の恵那漁業協同組合では、中津支部の理解と協力もあって「中津川あゆビギナーズエリア…
  7. 釣りと環境保全を学ぶ「子どもかんきょう釣り教室」〈主催・認定NPO法人日本釣り環境保全連盟、東…
  8. urugi
    長野県下伊那郡売木村を流れる売木川で、今年も「南信州うるぎ村渓流釣り祭り」が開催される。 …
  9. amagasaki
    兵庫・尼崎市立魚つり公園で6月2日、「レディース魚つり大会」が実施される。 詳細は次の通り…
  10. orland
    6月、7月にオーランド(大島製作所)主催の「黒鯛(チヌ)落とし込み初心者講習会」、「黒鯛(チヌ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る