【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2017年4月7日号

【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2017年4月7日号表紙

■今週の推薦釣り場
「浮間公園の池(東京)」
サクラの花が満開になるころは各地で大型ベラが動きだす。型物を狙うには釣り場の選択が重要。亀山湖(千葉県)や相模湖(神奈川県)は言わずと知れた巨ベラ釣り場として有名だが、東京都内でも大物が狙える場所がある。それが東京都板橋区と北区の境にある浮間公園の池。40センチクラスはもちろん、年に数枚は尺半クラスが上がるなど訪れる人を驚かせている
〈山野 正義〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
熊谷充の野釣り行脚–。第22回は静岡県伊豆の国市にある城池。例年、岸辺の河津桜が葉桜に変わるのが巣離れのサイン。追ってソメイヨシノが開花し、ひと雨降ると乗っ込み突入が同池のパターンと言われている。クマちゃんが訪れたのは、ちょうどその巣離れのタイミング。地元の人は「今年はちょっと遅れ気味だよ。魚は動いているけどマブナが多くてね」という。果たして本命の姿を見られたのだろうか。取材日は3月23日(水)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
今春、東レから大型専用ラインが発売された。その名も「将鱗へらスーパー50大型スペシャル道糸・ハリス」と、何ともゴージャスなネーミング。そこで開発段階から携わった東レインストラクター・伊藤さとしにこの糸の特徴や利点などを聞く。同さんいわく「とくに道糸は大型を釣るためだけに開発されたと言っても過言じゃない。カラーリング、性能、そして価格ともにビッグママを仕留めるためのマストアイテムになるでしょう」とのことだった
〈本紙・関口〉
———————————–
★土浦新川で爆釣36~39センチ57枚
★短期集中連載「乗っ込みここを狙え!」
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2017年4月7日号4月3日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2018年4月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「神流湖(埼玉・群馬)」 輝くような新緑を望みながら良型の引きを楽…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年4月27日号表紙
    ■今週の特集 「GW特集」 待ちに待った大型連休はもう目の前。そこで船釣り、陸釣り、釣…
  3. 週刊つりニュース関西版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「GWは海上釣り掘りへ」 マダイや青物といった大物、場所によってはハ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 GW特集第1弾「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、GW特集第1弾として…
  5. 週刊つりニュース中部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ウタセマダイ開幕戦」 ~伊勢湾口周辺の伝統釣法健在!! 乗っ込みの…
  6. yume
    大阪・堺出島港の夢フィッシングでは、7月29日まで「夢ハネ・シーバスフェアー」が開催されている…
  7. hisatagawa
    5月4日、京都・久多漁協(京都市左京区久多下の町37)で「久多の里第12回あまご釣り大会」が開…
  8. 5月6日、大阪・貝塚の水藻フィッシングセンターで「第35回リーダース関西へらぶな釣り大会」が開…
  9. 4月29日、兵庫・川西市の猪名川漁協で「2018マス釣り&猪名川浄化運動大会」を開催。…
  10. ogawa
    千葉県我孫子市にある小川つり堀園で春季大会を開催する。 要項は次の通り …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る