【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2018年2月2日号

週刊へらニュース 2018年2月2日号表紙

■今週の推薦釣り場
「明秋・川筋(埼玉)」
関東地方は大雪に見舞われたうえ、最強寒波の襲来でどこのフィールドも釣果ともどもすっかり冷え込んでしまった。厳寒期だけに貴重な野ベラを手にするためには釣り場選びがもっとも重要。そこで埼玉県鴻巣市と比企郡吉見町の境にある荒川旧川の明秋を勧める。季節風にめっぽう強く、比較的浅いので水温の上昇が早いため魚は動く。少しでも口を使う魚がいれば攻略の糸口は見つかるだろう。この時期ならではの繊細な釣りを堪能しよう
〈APC・若松恵治〉
———————————–
【センターカラー】
「棚網久はこう釣る」。第18回は千葉県我孫子市にある小川つり堀園。「何だハコかよ。それなら簡単に釣れるじゃん」などと思った読者の皆さん。大きな間違いですよ。池主が「オレんところは釣れねーぞ。何でこんなに食わねぇんだって常連にもよく叱られるんだ」と苦笑いしながら言う。池は2つあるが、小池は本当にヤバい。だが棚網はあえてその釣れない方の池に挑戦する。果たしてウキは動いたのか。取材日は1月17日(水)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
黒部川(千葉)ラスト30分で急展開!!
———————————–
★手賀川(千葉)良型揃い
★石屋下へGO!!(埼玉)オデコなし!?
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2018年2月2日号は1月29日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月17日号表紙
    ■今週の特集 「マルイカ妙手」 繊細なアタリ、誘って掛けるゲーム性、食味がピカイチのマ…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 近年、爆発的人気を呼んでいる「イカメタルゲーム…
  3. 週刊へらニュース 2020年7月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「粟原の溜池(茨城)」 梅雨時の釣りは何かとうっとうしく、手軽に楽…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「最盛期のアユ」 ~魅力はアタリと引きの強さ!! 瀬釣りをマスターし…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  6. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る