【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2018年2月23日号

週刊へらニュース 2018年2月23日号表紙

■今週の推薦釣り場
「粟原の溜池(茨城)」
暦の上では春だがまだまだ寒波の影響による気温低下で結氷する釣り場は少なくない。それでもあと1か月経てば平場は巣離れ状態に入り状況が好転するだろう。茨城県常陸太田市にある粟原の溜池は結氷していても氷を割って型が見られるほど魚影は濃い。もちろん日並みやポイントで差があるのは野釣りらしさ。穏やかな日並みを選んで出かけてみよう
〈山野正義〉
———————————–
【センターカラー】
「NEOスタンダード」ウッチーこと内島康之(マルキユーインストラクター)が厳寒期の野池と流れ川に挑む! 先月には積雪40センチの大雪に見舞われた関東地方。さらに日本列島を覆うように大寒波が襲った今季。朝の気温は連日氷点下を下回るほど。この寒さが釣果に影響しないはずがない。その被害は甚大でヘラ師たちからは悲鳴の声が聞こえてきそうだ。そんな記者も例外ではなく、下手の横好きで野釣りに行くが大苦戦。とある野池で竿を出したところ、嬉しいことにアタリ切り状態。「これは好釣果が期待できるかも」と胸を躍らせたが、まったく食わせることができない。そんな時、ふと思ったのが「ウッチーならどう攻略するのだろう?」。イタズラ心と探究心が相まったテーマで取材を敢行。基本に忠実がモットーのウッチーがいかに攻略するか。さらに流れ川に移動してロマンを追うウッチー。最後は特別で格別な1枚と出会った感動のドラマが待っていた。取材日は2月10日(土)
〈本紙・宮根〉

【終面カラー】
新ベラ食いだす豊英湖(千葉)急上昇
———————————–
★元荒川(埼玉)に期待
★市野川(埼玉)は型ぞろい
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2018年2月23日号は2月19日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年4月19日号表紙
    ■今週の特集 「海の釣り堀」 子ども~おとな、初心者~ベテランまで手軽に楽しめる海の釣…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年4月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「陸っぱりサーフゲーム」 近年、陸っぱりソルトゲームファンの間で人気…
  3. 週刊へらニュース 2019年4月19日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「旭新川(千葉)」 不安定な陽気が続き、好不調の波が激しいこの季節…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年4月19日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ヘラブナ活発!! 「春は底を釣れ」浅場での底釣りが面白い」 ~管理…
  5. TSURI JOY
    女性の釣りたい!が100%の情報紙 ショップ、ファッション、レシピ、DIYなん…
  6. 週刊へらニュース 2019年4月12日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「霞ヶ浦(茨城)西浦エリア」 霞ヶ浦の地ベラ狙いが好機を迎えた。取…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年4月12日号表紙
    ■今週の特集 「マダイ美麗」 サクラの咲くこの時期から始まり、各地で良型の知らせが届く…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年4月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みチヌ」 今週のつり作戦は、チヌ釣り師待望の春の一大イベント…
  9. 週刊つりニュース中部版 2019年4月12日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ウキフカセで狙う波止の乗っ込みクロダイ」 ~自己記録更新を狙えるシ…
  10. 週刊へらニュース 2019年4月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「ビン沼(埼玉)」 埼玉県さいたま市と富士見市の境を流れるビン沼が…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る