【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2014年12月5日号

hera141205

■今週の推薦釣り場
「袋のため池(千葉)」
北国からは降雪の便りが聞かれる季節を迎え朝夕の冷え込みが厳しくなった。野釣り場では徐々にウキの動きが少なくなってきた。そんななか千葉県旭市にある袋のため池・東池は、定期的な新ベラの放流により魚影が驚くほど濃い。現在は10月末に放流された新ベラが活発にエサを追っている。
〈APC・五木田富雄〉
———————————–
【中面センター見開きカラー】
熊谷充の野釣り行脚――。第15回は埼玉県毛呂山町にある鎌北湖。色づいた紅葉をバックに長竿で良型を絞る快感をまずクマちゃん自身が味わい、それを記者がファインダーに納めて読者にお伝えできればと。取材日は取材日は11月14日(金)。幸い天候は晴れで紅葉もバッチリ。風も穏やかだったので、水面に映るモミジまで撮影できた。あとはクマちゃんが竿を絞ってさえくれれば紙面は完成。すでに4トンの新ベラ放流があったのだから心配はないのだが……。
〈本紙・関口〉
【終面カラー】
野守の池(静岡)で9寸~尺級を11枚。見事な紅葉のなかで遊び釣りを満喫!
———————————–
★千代田湖(山梨)の桜並木ロープは40枚! 活発な魚の引きが楽しむ。
★道の口沼&宮島池(千葉)は数釣り好調。平場でのどかに釣りに満足!
★一宮川(千葉)で41.6センチが浮上。大型が狙える流れ川に注目!
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください。

へらニュース12月5日号は12月1日(月)発売
300円(本体価格278円)
———————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る