【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2018年6月22日号

週刊へらニュース 2018年6月22日号表紙

■今週の推薦釣り場
「横利根川・網中(佐原向地)」
佐原向地の横利根川・網中が舟・陸釣りとも好調。宙~底まで釣れているうえ型がいい。35センチ前後が平均で40センチ級が交じることも。陸釣りで例会でも15キロ以上の釣果が上がっている。毎年放流が行われているため魚影は濃く、ヘラの活性が高まるこれからはさらに楽しみ。ここでは堀井つり舟店から仕切り網間の陸釣りに絞って紹介する
〈APC・高田恵年〉
———————————–
【センターカラー】
第9回「NEOスタンダード」
これから最盛期に突入する今シーズン。釣り場によっては3ケタを記録するなど爆発的な釣果が上がっているところもあり、ヘラ釣りファンを沸かせている。しかしその状況が釣行する時に経験できるなら申し分ないが、多くの人はサンデーアングラー。釣り人が集中して混雑を回避することは難しい。さらにこれが競技釣りとなればなおさらで、人が増えれば増えるほどプレッシャーが増してヘラは食い渋る。「活性は高いけど釣果はいまひとつ」という経験を幾度もしている人がほとんどだろう。そこで今回は、ウッチーこと内島康之(マルキユーインストラクター)が「盛期の食い渋り打破」が期待できる新たな武器をひっさげて登場。その特長や使い方を解説してくれた。取材日は6月9日(土)
〈本紙・宮根〉

【終面カラー】
中沼(茨城)はオール尺上
———————————–
★松原湖(長野)で爽快フィッシング
★西湖(山梨)陸っぱりで31枚
★戸張誠・「上達への道しるべ」これで悩みは解消!
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2018年6月22日号は6月18日(月)発売 
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る