【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2019年1月25日号

週刊へらニュース 2019年1月25日号表紙

■今週の推薦釣り場
「土浦新川・茨城」
年が明けて大寒波が襲来し、野釣りでオデコ覚悟の釣行が多くなった。そのような状況下でも型が見られる可能性が高いのが、茨城県土浦市を流れる土浦新川。今年に入って40上から尺半オーバーが顔を出すなど、型の魅力も十分。腹の膨らんだ美ベラの、寒さを吹き飛ばすような強い引きを楽しもう
〈APC・高田恵年〉
———————————–
【センターカラー】
「第7回がっぷり横綱相撲西田一知・新河岸川放水路(埼玉)」
名門・関東へら鮒釣研究会・横綱の西田一知(マルキユーインストラクター)が登場する「がっぷり横綱相撲」。決して逃げない・あきらめない、手を抜かないを心情に旬の釣り場を追いかける。隔月掲載でお届けする第12回は埼玉県富士見市を流れる新河岸川放水路。2年前の冬にも挑戦し、かろうじて型を見られた西田にとっては鬼門の釣り場だ。今回は新製品のグルテンを武器にどれだけ善戦できるのか。取材日は1月6日(日)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
ハヤブサスタッフであり、シマノジャパンカップ&ダイワマスターズ覇者である現役トーナメンター斉藤心也。そんな彼なりの、厳寒期・食い渋り時の釣りの組み立て方を、千葉県柏市にある清遊湖で実釣を交えて語ってもらった
———————————–
★増沢池(静岡)で17枚
★道の口沼(千葉)で19枚
★伊藤さとし・「第7回プライムフィッシング」
~真冬でも浅ダナセット?(4)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2019年1月25日号は1月21日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 美しいアマゴに会いに行こう
    週刊つりニュース各版 2019年2月18日(月)発売 編集部から …
  2. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  3. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  5. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  7. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  8. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  9. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  10. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る