【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2019年6月28日号

週刊へらニュース 2019年6月28日号表紙

■今週の推薦釣り場
「鎌北湖(埼玉)」
埼玉県入間郡毛呂山町にある鎌北湖は、昭和10年にできた周囲2.3キロほどの農業用貯水池で、釣りは岸に作られた桟橋か一部釣り台を使用しての陸釣りだけ。魚影が濃いのが特徴で、フラシ使用禁止のためかヒレピンで引きの強いヘラが多い。釣り方はポイントによってできる、できないがあるので、第二駐車場のある上流部から簡単に紹介しよう
〈APC・若松恵治〉
———————————–
【センターカラー】
「内島康之・NEOスタンダード」
厳寒期の渋い釣りが嘘だったかのように、ウキは活発に動き、ヘラは積極的にエサを追い始めた。混雑状態によってはセット釣りに分がある時もあるだろうが、両ダンゴの釣りがガッチリとハマった時の爆発力と快感。まさにへラ釣りの基本だ。今回はウッチーこと内島康之(マルキユーインストラクター)が5月に発売されたばかりの新エサ・グルテンダンゴ(GD)をひっさげて埼玉県加須市にある加須吉沼に挑む。「両ダンゴ釣りの幅が広がるように」と、エサの特長や性質を丁寧に解説してくれた。取材日は6月8日(土)
〈本紙・宮根〉

【終面カラー】
達人フィールドテスター見参 保科健二 ビン沼(埼玉)
———————————–
★与田浦水系6号水路(千葉)が増水して圧巻
★三名湖(群馬)は舟釣り好釣
★間瀬湖(埼玉)は陸で40枚
★伊藤さとし・「第28回プライムフィッシング」
~バランスの底釣り・応用編(4)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2019年6月28日号は6月24日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月11日号表紙
    ■今週の特集 「アマダイ」 釣趣はもちろん、釣り上げたときに対面するひょうきんな顔、そ…
  2. 週刊へらニュース 2020年12月11日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 よく口を使いそうなサイズが今期2トン以上も放流…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み」 冬到来で出船機会が限られてくる玄界灘~響灘だが、出船…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「美味!! アナゴを釣ろう」 ~晩秋から初冬は数釣り楽しめる!! 釣…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  7. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  10. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る