【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2019年12月6日号

週刊へらニュース 2019年12月6日号表紙

■今週の推薦釣り場
「大落古利根川(埼玉)」
紅葉前線が南下し水温が下がってくると、食い渋る釣り場が多くなる。特に止水域ではそのような状況が顕著に現れる。そうなると、常に水の動きがある河川が面白い。埼玉県春日部市を流れる大落古利根川は、減水する秋から冬場にかけて魚が居着く場所で、厳寒期でも釣果が上がる。特に姫宮地区は大型が居着くポイントで、肉厚の40センチ前後が釣り人を楽しませてくれる
〈山野正義〉
———————————–
【センターカラー】
熊谷充の野釣り行脚ーー。第30回は埼玉県熊谷市にある中の渕。神奈川県平塚市在住のクマちゃんと埼玉の野池とは意外な組み合わせだが、お初の釣り場ゆえの〝洗礼〟を受けてしまった。人気釣り場につきものの人災と、底釣りに拘ったためのマッチングミス。底釣りの名手をもってしても如何ともし難かったようだ。取材日は長雨後の晴れ間となった11月25日(月)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
間瀬湖(埼玉)桟橋&陸で2桁堅釣
———————————–
★相模川水系(神奈川)は新ベラフィーバー
★横利根川(佐原向地)はグイグイ上昇中
★伊藤さとし・「第51回プライムフィッシング」
~グルテン四季は万能選手(1)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2019年12月6日号は12月2日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月11日号表紙
    ■今週の特集 「アマダイ」 釣趣はもちろん、釣り上げたときに対面するひょうきんな顔、そ…
  2. 週刊へらニュース 2020年12月11日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 よく口を使いそうなサイズが今期2トン以上も放流…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み」 冬到来で出船機会が限られてくる玄界灘~響灘だが、出船…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「美味!! アナゴを釣ろう」 ~晩秋から初冬は数釣り楽しめる!! 釣…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  7. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  10. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る