【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2014年12月12日号

週刊へらニュース 2014年12月12日号

■今週の推薦釣り場
「横利根川(佐原向地)」
佐原向地にある横利根川が冬の好機を迎えている。総トン数は若干減ったが、それでも元気な放流ベラが今年も大量に放流された。冬の風物詩とか寒ベラ釣りを代表するなど、とかく言われがちな同川だが、もはや釣り方そのものは管理池のそれとさほど変わりない。広々とした和舟に乗り、いつもの仕掛けと少しの工夫で佐原のヘラをゲットしてしまおう
〈棚網 久〉
———————————–
【中面センター見開きカラー】
「オレの仕事は釣ってナンボ」と断言するモーリス・インストラクターの小池忠教がお届けする〝釣って魅せる〟――。第21回は千葉県茂原市にある新治堰での底釣りをお届けするはずだった。しかし小池に急用が入ってしまい、代わりにベーシック・グランモニターの伊藤宏二にピンチヒッターとして登場してもらった。小池の秘蔵っ子であり釣技は折り紙付き。周囲に「彼のペレ宙は神業的だよ」と言わしめるまでの腕の持ち主に、今回はオーソドックスな底釣りを披露してもらった。取材日は11月30日(日)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
細井昭宏inつり堀中の島センター(埼玉)
ライト系バラケで38枚! 新ベラの強い引き込みを楽しむ
———————————–
★一碧湖(静岡)の白ブイで46枚!
★ビン沼(埼玉)は数釣り好調。人気釣り場で満足な一日を過ごす!
★市野川(埼玉)で数こそ出ないが、釣れるのは良型ばかり
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2014年12月12日号12月8日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る