【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2020年7月31日号

週刊へらニュース 2020年7月31日号表紙

■今週の推薦釣り場
「田貫湖(静岡)」
夏は高原湖の釣りがいい。涼しく釣りができるし魚の活性も高い。精進湖・西湖などに代表される山上湖がその最有力候補だが、今年は例年にない大増水で陸っぱりポイントの減少が続く。そこで脚光を浴びているのが静岡県富士宮市にある田貫湖だ。西湖ほどの海抜標高ではないが、それでも下界に比べれば涼しいし、それこそ田貫は陸釣り天国(舟はない)なのでポイントも無数に存在する。関東近県で今狙うはズバリ田貫湖だ
〈熊谷充〉
———————————–
【センターカラー】
「千葉の外房河川へ行こう。真亀川&南白亀川」
千葉県外房エリアと言えば海釣りファンに人気の地域だが、意外にもヘラ釣り場は多い。なかでも古くから知られているのが、同県東金市付近を流れる真亀川や南白亀川だ。真亀川や南白亀川とその支流の堰下には、まっ黒になるほどヘラの魚影が濃い。だが同エリアは海釣りのほうが盛んな地域のためか、ヘラ釣り場の存在はあまり知られていない。新型コロナウイルスの影響で、今年は外房の海水浴場(一部)が営業を中止する。例年だと海水浴客による夏休み渋滞が発生する道路が空いていることが予想される。そこでこの機会に夏休みの自由研究気分で、外房エリアの釣り場を紹介する。少しだけ足を延ばして、ぜひ新規開拓してみてはいかがだろう
〈加賀三義〉

【終面カラー】
秋田はイイネ! 本紙初登場貝沼&牛沼
———————————–
★北本総合公園(埼玉)は尺級含め50枚
★西谷田川(茨城)で44センチ
★霞ヶ浦(茨城)は38.5センチの抱卵美ベラが浮上
★伊藤さとし・「第79回プライムフィッシング」
~コウテンで好転させよう(5)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2020年7月31日号は7月27日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  3. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  6. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る