【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2020年10月30日号

週刊へらニュース 2020年10月30日号表紙

■今週の推薦釣り場
「小糸川(千葉)」
上流には有名な三島湖がある千葉県君津市を流れる小糸川。下流の人見水門で水位調整が行われていて常に流れがあるため魚の活性は高い。アベレージは35センチ前後で40センチ超も珍しくなく引き味は抜群。今後は気温・水温の変動で食い気にムラが出やすいが、降雨後などはとくに狙い目で12月下旬ごろまでツ抜けが期待できる。今回は人見水門~堰下公園に的を絞って紹介する
〈APC・高田恵年〉
———————————–
【センターカラー】
「往年の名場所で新ベラと遊ぼう。新利根川&上の島新川」」
紅葉の便りとともに、各地から続ぞくと新ベラ放流の情報が届いてくる。佐原向地にも11月7日(土)、日研・全放協から新ベラ放流が予定されている。以前に比べ、放流場所も放流量も激減しているが〝新入生〟の入学は何よりだ。今回は放流場所でもある新利根川と上の島新川をピックアップ。新ベラの動きは読みにくいが、ヘラ釣りの〝歴史と伝統〟を感じながら〝1年生〟を狙う、この時期ならではの佐原向地を堪能しよう。
〈APC・中村直樹〉

【終面カラー】
神流湖(群馬)で快釣
———————————–
★大津川(千葉)で夕マヅメに良型
★門池(静岡)で尺2寸
★ビン沼(埼玉)は宙・底とも安定
★伊藤さとし・「第92回プライムフィッシング」
~秋の浅ダナ両ダンゴ(5)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2020年10月30日号は10月26日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  2. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 大分沖の船釣りを賑わしているのがタチウオ! 晩秋を迎…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年11月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「カワハギと勝負」 ~沖釣り至高のターゲットに挑戦!! 冬にかけて絶…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年11月20日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー激アツ」 脚光を集めるスーパーライトジギング「SLJ」地域によっ…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「磯クロ釣り」 秋の深まりとともに活性化してきている磯のクロ。続々と…
  7. 週刊へらニュース 2020年11月20日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 各地で初雪や初霜が観測され、冬の訪れを感…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年11月20日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の使者ワカサギ」 ~簡単でも数釣りにはコツが必要!! 3ケタ超え…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月13日号表紙
    ■今週の特集 「エリアフィッシング」 ルアーの種類やカラーを始めとした多くの攻略テクニ…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年11月13日号表紙
    ■今週のつり作戦 「オフショアゲーム」 今週のつり作戦は、大海原で展開される大物たちと…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る