【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2020年12月4日号

週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙

■今週の推薦釣り場
「明善谷沼(埼玉)」
今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという言葉も聞こえてくる時期になってきた。これからさらに冷え込みが厳しくなると水温が低下して、食い渋る野ベラを釣るにはそれなりの技術が必要になる。その一方で、養魚場で育った新ベラは冷え込んでも活発にエサを追い、食欲旺盛だ。そこで今回は埼玉県東松山市にある明善谷沼を紹介する。ここは中小型の新ベラが定期放流されているので魚影は濃く、新ベラの触発された地ベラも口を使うこともあるので、冬場でも数釣りが楽しめるぞ
〈山野正義〉
———————————–
【センターカラー】
「棚網久はこう釣る」ーー。第27回は埼玉県春日部市を流れる大落古利根川でのドボン釣りだ。冷えたら流れ川。そんな魂胆で同川に狙いを定めたが、このところの暖かさがアダになり、釣れてくるのはマブナばかり。でも周囲では何枚か本命が出ていたから、本格化するのも時間の問題だろう。やはり寒い時は寒くならないと魚もビックリするのかな。棚網の自作ドボン仕掛け紹介と併せてご覧いただこう。取材日は11月17日(火)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
これからが楽しみ西谷田川・狸山橋下流(茨城)
———————————–
★横利根川(佐原向地)は網外&網中ともに好調
★上州は今後に期待近藤沼、群馬の水郷(群馬)
★流れ川で尺上浮上逆川(埼玉)、旭新川(千葉)
★伊藤さとし・「第97回プライムフィッシング」
~宙のバラケに必要なこと(1)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2020年12月4日号は11月30日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2021年1月22日号表紙
    ■今週の特集 「タコ&イカ熱視線」 いよいよヤリイカが本格的にシーズンイン。各地から釣…
  2. 週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコ…
  3. 週刊つりニュース西部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、注目度ナンバー1の寒グロを特集。水…
  4. 週刊つりニュース中部版 2021年1月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ロックフィッシュと遊ぼう」 ~冬のベイエリアの人気者たち(2~3面…
  5. 重要なお知らせ
  6. 週刊へらニュース 2021年1月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「早霧湖(静岡)」 冬は底釣りが面白い。さらに長竿不要とくれば、初…
  7. 週刊つりニュース関東版 2021年1月15日号表紙
    ■今週の特集 「寒メジナ」 磯釣りの花形・メジナ 地磯や沖磯、堤防からの釣りを紹介 …
  8. 週刊つりニュース西部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ」 今週のつり作戦は、シーズン真っ只中の磯の寒グロのスポット…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年1月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略」 ~高水温で難易度高めでも冬は良型を狙える季節(2~3…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年1月8日号表紙
    ■今週の特集 「初釣りへ行こう」 1月1日号と8日号の40ページ立て合併号。年末年始の…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る