【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2021年1月22日号

週刊へらニュース 2021年1月22日号表紙

■今週の推薦釣り場
「道の口沼(千葉)」
相次ぐ寒波でどこの釣り場も苦戦が続く。オデコどころか、アタリオデコも珍しくない状況だ。このような時の救世主となるのが、千葉県匝瑳市にある道の口沼だ。たび重なる放流と自然繁殖によって、魚影の濃さは釣り堀以上。この時期でも短時間でのツ抜けが可能だ。型は小さいが冬はウキが動いてなんぼ。SOSはここで解決だ! 
〈APC・中村直樹〉
———————————–
【センターカラー】
「釣果アップの決め手」ーー。第87回はオーナーインストラクター・岡田清が登場。神奈川県厚木市にある厚木へら鮒センターの良型新ベラをアグレッシブな段底で狙う。それなら両グルテンではないの?そんな声が周囲からは聞こえてきそうだが、不思議とこの日はこの釣りがハマった。午後からは定番の両グルにもチャレンジして、時合いの変化による釣り方の妙味を楽しんだ。取材日は1月4日(月)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
円良田湖(埼玉)は桟橋快調
———————————–
★厳寒期は避寒地・静岡で。早霧湖&四ツ池公園
★川田谷沼(埼玉)で39センチ浮上
★弁天のジャリ穴(神奈川)が整地されて復活! 
★伊藤さとし・「第103回プライムフィッシング」
~固形物の食わせエサ(3)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2021年1月22日号は1月18日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊へらニュース 2021年3月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 春とは名ばかりで今だ厳しい釣りを強いられる埼玉…
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年3月5日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ端麗」 繊細なアプローチでイカの女王に接近! …
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「クロ釣り」 陸上では春の日差しも感じられる日も増え始めたが、海中は…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ジャンボヒガンを狙い撃て」 ~カットウフグ大型狙いの季節! 食わせ…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年2月26日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」 寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてきた。いよいよ各地で…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年2月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファン春の一大イベン…
  8. 週刊へらニュース 2021年2月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「作田川(千葉)」 立春を過ぎても寒い日が続いているが、常連が足し…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年2月26日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年2月19日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り元気」 コロナ禍も魚たちには無関係。春に向かって元気なターゲット…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る