【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2021年1月29日号

週刊へらニュース 2021年1月29日号

■今週の推薦釣り場
「上大島ファミリー釣り場(神奈川)」
年明けから冷え込みが厳しくなり、止水域では結氷する釣り場もある。ヘラ釣りは年間を通し楽しめるが、今がいちばん難しい時期といえる。水温低下で冬眠状態に入った魚に口を使わすのは至難の技。しかし、それ以上に重要になるのが釣り場の選択だ。今回紹介する上大島ファミリー釣り場は、神奈川県を流れる相模川の上流部にある。冬場でも水温が高いためヘラに活性があり、この時期としては貴重な釣り場だ
〈山野正義〉
———————————–
【センターカラー】
「NEOスタンダード」ーー。厳寒期に突入してヘラの活性もいっそう低下して釣果も厳しくなり、時にはアタリを出すことさえ困難になってきた。「秋はタナを釣れ」という格言があるが、厳寒期には何か格言的なコツはあるのだろうか。それをウッチーこと内島康之(マルキユーインストラクター)にたずねてみると「『厳寒期こそタナを釣れ』ですね」との言葉が返ってきた。果たしてその真意とは?
〈本紙・宮根〉

【終面カラー】
三名湖(群馬)は桟橋で新ベラを楽しむ
———————————–
★一宮川(千葉)で37.5~41センチが浮上
★流れ川は好調! 逆川&大落古利根川(埼玉)
★公園釣り場で冬しのぎ。北本総合公園(埼玉)、赤塚溜池公園(東京)
★伊藤さとし・「第104回プライムフィッシング」
~固形物の食わせエサ(4)
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2021年1月29日号は1月25日(月)発売
350円(本体価格318円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 重要なお知らせ
  2. 週刊へらニュース 2021年3月5日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 春とは名ばかりで今だ厳しい釣りを強いられる埼玉…
  3. 週刊つりニュース関東版 2021年3月5日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ端麗」 繊細なアプローチでイカの女王に接近! …
  4. 週刊つりニュース西部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「クロ釣り」 陸上では春の日差しも感じられる日も増え始めたが、海中は…
  5. 週刊つりニュース中部版 2021年3月5日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ジャンボヒガンを狙い撃て」 ~カットウフグ大型狙いの季節! 食わせ…
  6. 週刊つりニュース関東版 2021年2月26日号表紙
    ■今週の特集 「渓流解禁特集」 寒い冬が終わり、春の足音が聞こえてきた。いよいよ各地で…
  7. 週刊つりニュース西部版 2021年2月26日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、渓流釣りファン春の一大イベン…
  8. 週刊へらニュース 2021年2月26日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「作田川(千葉)」 立春を過ぎても寒い日が続いているが、常連が足し…
  9. 週刊つりニュース中部版 2021年2月26日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  10. 週刊つりニュース関東版 2021年2月19日号表紙
    ■今週の特集 「沖釣り元気」 コロナ禍も魚たちには無関係。春に向かって元気なターゲット…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る