【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2014年12月19日号

週刊へらニュース2014年12月19日号

■今週の推薦釣り場
「大落古利根川(埼玉)」
厳しい冷え込みが続き、止水域では苦戦する釣り場が目立つ。このような時期は流れ川を狙うのが面白い。埼玉県東部を流れる大落古利根川は常に水の動きがあるので魚の活性が高く、引きが強い肉厚ベラがそろう。冬季の名スポット・姫宮地区に絞って紹介する。
〈APC・中村直樹〉
———————————–
【中面センター見開きカラー】
「釣果アップの決め手」–。第24回は冬の定番釣法・チョウチンセットをテーマにした。アングラーはオーナー・インストラクターの岡田清。釣り場は茨城県取手市にあるさくら湖。デカバラケをぶら下げて縦誘いを繰り返しながらアタらせる、いわゆるシャクリチョウチンが昨今は流行っているが、岡田のそれはやや異なりいわゆる抜きセットだ。誘いをかけて食わせのフォールでアタらせる。そのノウハウを見ていこう。取材日は12月7日(日)
〈本紙・関口〉 

【終面カラー】
荒川(埼玉)は数より型が魅力! 長竿のドボン釣りで強い引き
———————————–
★三名湖(群馬)の大手張桟橋で32枚。尺クラスの新旧ベラにメロメロ!
★三島湖(千葉)は地ベラばかりを24枚! ほうの台ロープで数・型ともに納得。
★北部手賀沼(千葉)が好シーズン突入! 1番オダで40センチが浮上。
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消

———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2014年12月19日号12月15日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年1月24日号表紙
    ■今週の特集 「陸っぱり盛況」 好期を迎えているメジナやクロダイ、ファミリーに最適なア…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「冬の船釣り」 今週のつり作戦は趣向を変えて、船エサ釣り、オフショア…
  3. 週刊へらニュース 2020年1月24日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「手賀川(千葉)」 千葉県柏市~我孫子市を流れる手賀川は東西に長く…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年1月24日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 泳がせで狙う高級根魚五目」 ~魅力は食味と青物並みの馬…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年1月17日号表紙
    ■今週の特集 「釣りフェスティバル」特集 1月17~19日にパシフィコ横浜で開催される…
  6. 週刊へらニュース 2020年1月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「長島新堀(千葉)」 野釣りではアタリオデコも珍しくない、過酷な季…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、いよいよ本格的なシーズンに突入した…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年1月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「波止釣り!! 名古屋港クロダイ攻略戦」 ~ハワセ釣りで冬の難敵に挑…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年1月10日号表紙
    ■今週の特集 「初釣り」特集 東京湾初タチ会心 令和2年祝いダイ乱れ咲き 清流…
  10. 週刊へらニュース 2020年1月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「門池(静岡)」 長年の放流継続が実を結び、真冬でもウキが動く釣り…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る