【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年1月30日号

週刊へらニュース 2015年1月30日号

■今週の推薦釣り場
「道の口沼(千葉)」
大寒を過ぎたが、厳しい寒さは増すばかり。巣離れ前の“正念場"を迎えた。千葉県匝瑳市にある道の口沼は中小ベラの宝庫で、厳寒期でもウキが活発に動く。どの釣り場も苦戦が続くなか、数釣りが狙えるオアシス的なフィールドと言える
〈APC・中村直樹〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
野釣りにとって一年のなかでもっとも厳しい時期を迎えた。それは埼玉県にある超人気スポット・ビン沼でも同様。それでも魚影が濃い同釣り場だけに、両グルテンの底釣りでじっくり待って何とか良型をゲット。この時期に野釣りでの1枚は何とも言えない感動がある。寒いからと言って家に閉じこもっていないで、青空の下で思いっきり竿を振ってみては
———————————–
【終面カラー】
初・中級者を対象に、行き詰まった時の対処法を名手たちが提案する「次の一手」――。第21回はシマノインストラクター・小山圭造が釣り堀の底釣りをガイドする。釣り場は千葉県柏市にある逆井HC。数を釣るなら浅ダナウドンセットが手っ取り早いとオーナーも言うが、型は底に分がある。小山も「どうせなら軟らかめの竿で引きを楽しみたいよね」と言う。まさにこれこそ釣り堀の王道。小山も終日、笑顔が絶えなかった
〈本紙・関口〉
———————————–
★横利根川(佐原向地)網中で新ベラ、網外では良型地ベラが活発
★鵜沼堰(千葉)で尺上を主体に2ケタ。強い引き込みを十分楽しむ
★手堅く型が見られる中津川水系・八菅ファミリー釣り場(神奈川)
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年1月30日号1月26日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース中部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グレ攻略!! 難易度変わる期間ごとに徹底解説」 ~水温変動する初…
  2. 週刊つりニュース西部版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ボート・メバル(ルアー)」 近年、ソルトゲームターゲットの中でも人…
  3. 週刊へらニュース 2018年12月14日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「横利根川網外(佐原向地)」 寒さが増し各釣り場の釣果が下降気味に…
  4. 週刊つりニュース関西版 2018年12月14日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船・ボートでカワハギ絶好」 エサ取り名人と言われれば、どんな魚を思…
  5. 週刊つりニュース関東版 2018年12月14日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 上品な食味で人気のヤリイカ。相模湾をホームグラウンドにして…
  6. 週刊つりニュース西部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 街中ではクリスマスソングが流れる季節、すぐに大晦…
  7. 週刊つりニュース関東版 2018年12月7日号表紙
    ■今週の特集 「タチウオ」 エサ、ルアーなどさまざまな方法で楽しめ、テクニカルな釣趣で…
  8. 週刊つりニュース関西版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海上釣り堀へいざ」 年末年始でマダイの需要が高まるこの時期、海上釣…
  9. 週刊つりニュース中部版 2018年12月7日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げカレイ!! 重量感あふれる冬の使者を狙え」 ~本格シーズン突入…
  10. 週刊へらニュース 2018年12月7日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大堀川(千葉)」 千葉県柏市を流れる大堀川が面白い。マブナや半ベ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る