【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年2月13日号

週刊へらニュース 2015年2月13日号

■今週の推薦釣り場
「市野川(埼玉)」
厳寒期の頼みの綱は何と言っても流れ川だ。ただし、ただ流れていればいいというものでなく、できれば魚影の濃いことに越したことはない。そこで勧めたいのが埼玉県東松山市と吉見町の境を流れる市野川の慈雲寺橋周辺。放流は行われていないのに、なぜかこの川にはヘラがたくさんいる。しかも良型。食いが立つのは夕方がメーンだが、一瞬のチャンスをものにできるかを味わうスリルはこの時期ならではだろう。
〈棚網 久〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
グラン・ベーシックインストラクターの伊藤宏二がお届けする新企画「春夏秋冬ヘラだより」――。当コーナーは釣果よりも、季節に合った釣り方や現場の雰囲気を紹介する。派手さはないが玄人好み(つまり釣りがうまい)の釣りをする伊藤。平場・ヤマ・管理池を問わず、楽しい釣りを展開してくれるはずだ。第1回は千葉県我孫子市を流れる手賀川。厳寒期らしく強風に踊らされながらも、周囲はアタリがないというなかでウキを動かした。
〈本紙・関口〉
———————————–
【終面カラー】
武蔵の池(埼玉)で細井昭宏が新竿を性能に納得。段底で良型新ベラの強烈な引きを楽しみ15枚
———————————–
★水門が開いた湊川(千葉)は満足のオール尺上24枚
丹後橋下流で長竿のドボン釣りで最大38センチが浮上
★道の口沼(千葉)の北岸・垣根前ははずれなし
午後の約2時間で30枚の快釣!
★お年玉ビッグプレゼント当選者発表
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年2月13日号2月8日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年7月17日号表紙
    ■今週の特集 「マルイカ妙手」 繊細なアタリ、誘って掛けるゲーム性、食味がピカイチのマ…
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカメタルゲーム」 近年、爆発的人気を呼んでいる「イカメタルゲーム…
  3. 週刊へらニュース 2020年7月17日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「粟原の溜池(茨城)」 梅雨時の釣りは何かとうっとうしく、手軽に楽…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年7月17日号表紙
    ■今週のつり作戦 「最盛期のアユ」 ~魅力はアタリと引きの強さ!! 瀬釣りをマスターし…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年7月10日号表紙
    ■今週の特集 「イサキ快竿」 梅雨といえばイサキ! 外房・大原 ニビヤ…
  6. 週刊へらニュース 2020年7月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「逆川(埼玉)」 新型コロナウイルスの影響で、都道府県をまたいだ移…
  7. 週刊つりニュース西部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、夏休みにはみんなで楽しんでほしい「…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年7月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「夏色サーフへ!! 投げキス指南」 ~引きの強さに驚かされることも!…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年7月3日号表紙
    ■今週の特集 「マダコ絶好」 東京湾で昨年に続き、好調なマダコ。7月に解禁される地区も…
  10. 週刊つりニュース西部版 2020年7月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海釣り公園特集」 今年はいつもの夏と様子が違うけれど、短くても夏休…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る