【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年3月6日号

150306hera

■今週の推薦釣り場
「鶴生田川(群馬)」
群馬県館林市にある城沼は乗っ込み期になると大型狙いの釣り人でにぎわう。だがその前哨戦があるのはご存じだろうか。同沼に流れ込む鶴生田川がそれだ。釣期は真冬~城沼乗っ込み前で、とくに期間の後半は大型が出やすい。尺半は当たり前、時には48~50センチが顔を出す。大型一発狙いなのでアタリは少なくオデコ覚悟の釣りだが、そのだいご味は数釣りにも負けない。今号発売のころはまさにベストタイミングだろう。
〈APC・高田 恵年〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
生井澤聡の生き生きレポート――。第18回は群馬県富岡市にある丹生湖の桟橋釣りをお届けする。「通路桟橋で釣れ始まった。連日束釣りだよ」との報が同湖管理事務所から入った。放流ベラ主体だが何よりこの時期にしては異例なほど数が釣れる。いわば早春のお祭りみたいなものだが、生井澤はこの釣りを経験したことがないという。そこで今回は記者がガイド役を務め、彼を引っ張りだした。ノルマは100枚。それをいかに短時間で釣るかが彼に与えられた使命だ。取材日は2月23日(月)
〈本紙・関口〉
———————————–
【終面カラー】
雨後の市野川(埼玉)慈雲寺橋上流でオール尺上6枚! 
竿17尺の外通しで開始早々から連チャン
———————————–
★人気のビン沼(埼玉)が上昇気配。2ケタ釣果に納得!
★巣離れ気配の小野川(茨城)の羽生真珠棚に注目。34センチの強烈な引きは爽快感バツグン。
★道の口沼(千葉)は高活性! 北岸・垣根前で2時間で18枚。
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年3月6日号3月2日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る