【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年5月15日号

週刊へらニュース2015年5月15日号表紙

■今週の推薦釣り場
「昭和池(埼玉)」
青葉が目に優しい季節になり、ヘラ釣りが好シーズンを迎えた。産卵で体力を消耗したヘラが一服状態から復活し、荒食いをする時期でもある。埼玉県久喜市にある昭和池は、アベレージが35センチで40センチオーバーだって珍しくない。ここでは無料で楽しめる自由釣り場に絞って紹介する
〈山野 正義〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「釣果アップの決め手」――。第29回はオーナー・インストラクターの萩野孝之が埼玉県東松山市と吉見町の境を流れる市野川にスポットを当てた。真冬に人気の釣り場だが、実はこの時期のほうが活性が高い魚を狙えて数も出る。釣り方は寒期と同じドボン釣り。しかし竿の長さや仕掛けのセッティングが微妙に異なる。活性の違いがそうさせるわけだが、なかでもハリの役割は大きなウエートを占める。人より1枚でも多くしかも良型を確実に取り込めるノウハウとは?
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
宮崎まこが2回目の登場。ツ抜けを目標に向かったのは、神奈川県横浜市にある熊の池。さて結果は?
———————————–
★旭新川(千葉)で快釣! 40センチ超を含め33枚
★ビン沼(埼玉)で数釣り満喫。ダブルや連チャンがあるなど入れパク
★精進湖(山梨)が好調キープ。例会や大会でびっしり並んでも、安定した釣果が望める
★戸張 誠「上達への道しるべ」
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年5月15日号5月11日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年10月23日号表紙
    ■今週の特集 「秋のコマセ釣り」 コマセ釣りの種類と特徴を知ろう ◎内房 勝山…
  2. 週刊へらニュース 2020年10月23日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「松原湖(長野)」 長野県南佐久郡小海町にある海抜1123メートル…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年10月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋ジギング」 今週のつり作戦は、大物たちとのスリリングなやり取りが…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年10月23日号表紙
    ■今週のつり作戦 「グレ攻略指南!! 魅惑の秋磯へ」 ~数釣りも型狙いも有望な季節!!…
  5. 週刊つりニュース西部版 2020年10月16日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ちょいカゴ釣り」 今回の「つり作戦」は長崎・鷹島・船唐津漁港での「…
  6. 週刊つりニュース関東版 2020年10月16日号表紙
    ■今週の特集 「ワカサギ楽し」 相模湖おススメ舟宿案内 ワカサギおすすめ釣り場紹介…
  7. 週刊へらニュース 2020年10月16日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「宮島池(千葉)」 日を追うごとに秋が深まり、釣りをするには最高の…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年10月16日号表紙
    「秋のイカダは五目天国」 ~釣り方次第で釣果は多種多様!! アジ、カワハギ、キス、青物に根…
  9. 週刊つりニュース西部版 2020年10月9日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船タチウオ」 秋到来を迎え、大分沖の船釣りの注目度ナンバーワンはタ…
  10. 週刊つりニュース関東版 2020年10月9日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤタチウオ」 東京湾で人気急上昇中のテンヤタチウオを紹介 …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る