【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年5月22日号

【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年5月22日号表紙

■今週の推薦釣り場
「上の島新川(茨城)」
各地で夏日を観測し、日中は汗ばむほどの陽気になった。佐原向地は乗っ込みがひと段落し、一服状態の釣り場が目立つ。そのようななか、茨城県稲敷市を流れる上の島新川が元気だ。尺上交じりでツ抜けが狙える。足場がよく短竿で楽しめるので、ビギナーやジュニアにもお勧め。
〈APC・中村直樹〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
初心者のヘラ釣り向上を目指す「レベルアップ塾」。――第5回はマルキユーチーフインストラクター石井旭舟が山梨県富士河口湖町にある西湖・鵜の木の岸着けで竿16尺グルテンセットの底釣り。事前情報ではあまり釣れていないとのことだったが…。旭舟は、どのようなことをして釣っていくのだろうか。取材日5月1日(金)
〈本紙・根本〉

【終面カラー】
これで3年連続となる及川健一氏(羽生吉沼&加須吉沼オーナー)の乗っ込み大型狙い。今年は千葉県市原市にある高滝湖が舞台。一昨年は埼玉県の高須賀池で50センチ。昨年は津久井湖の45センチ。さて今年の結果は?
〈本紙・関口〉
———————————–
★多摩川(東京)で48.7センチが浮上。夕まづめの上げ潮時にガツン。
★逆川(埼玉)は流し宙釣りで尺1寸を主体に14枚。
★松原湖(長野)がシーズンイン。血の池沖ロープで9寸級を40枚と数釣り満喫。
★戸張 誠「上達への道しるべ」
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年5月22日号5月18日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関西版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流釣り解禁特集」 北陸など一部ではすでに解禁済みの河川もあるが、…
  2. 週刊つりニュース関東版 2019年2月22日号表紙
    ■今週の特集 「メバル」 春告魚と呼ばれるメバルが東京湾で開幕。モエビエサやルアーでの…
  3. 週刊つりニュース中部版 2019年2月22日号表紙
    今週号は「3月渓流解禁特集」 2月1日に開幕を迎えた渓流釣り。3月からはさらに多くの河川が…
  4. 週刊へらニュース 2019年2月22日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「北本総合公園の池(埼玉)」 立春が過ぎ、ヘラ釣りのビッグイベント…
  5. 週刊つりニュース西部版 2019年2月22日号表紙
    ■今週のつり作戦 「渓流解禁直前特集」 今週のつり作戦は、お待ちかねの渓流解禁直前大特…
  6. 週刊つりニュース関東版 2019年2月15日号表紙
    ■今週の特集 「ヤリイカ」 ファン待望の釣趣&食味が魅力のヤリイカが本格化。 茨城…
  7. 週刊つりニュース関西版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「フカセ釣りでチヌと勝負」 大阪湾の波止では、寒チヌがシーズン本番!…
  8. 週刊つりニュース西部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ釣り」 今週のつり作戦は、ウキ・フカセ釣りで狙うクロにスポッ…
  9. 週刊へらニュース 2019年2月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「道の口沼(千葉)」 一年で最も寒い季節であり、野釣りはどの釣り場…
  10. 週刊つりニュース中部版 2019年2月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船メバル開花宣言」 ~伊勢湾に「春告魚」の季節到来(2~3面) …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る