【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年6月5日号

週刊へらニュース 2015年6月5日号 表紙

■今週の推薦釣り場
「花見川(千葉)」
千葉県千葉市花見川区を流れる花見川の汐留橋下流がすごいことになっている。アベレージサイズが40センチ前後で、日に数枚は尺半級まで出ている。野武士と呼称される印旛で育ったヘラが汽水域でもまれさらに大型に育った魚なので引きは強烈そのもの。たった1枚でも腕に心地よい痛みを感じる人も少なくないだろう。相応の準備をして挑みたい。
〈APC・高田恵年〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
「棚網久はこう釣る」――。第10回は山梨県にある山中湖の舟釣りをお届けしよう。細長い形状の独特な舟に、これまた長ロングな水棹を乗せて湖にこぎ出す。無風ならまだしも、風が吹いたり砂地の底だと水棹差しも一苦労。着舟し終わったころにはもう汗だくだ。なのに好きな人は同湖に通い詰める。なぜか。そこに大型が待っているからに他ならない。だが攻略は一筋縄ではいかないのもまた現実。棚網はどう同湖を攻略するのか。取材は5月19日(火)。
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
毎年最強のナンバーワンを決める究極のワンデートーナメント「オーナーカップヘラ金勝杯」。その歴代優勝者たちは普段は何を考えながら釣りをしているのか。勝負に勝つためのヒントを探る企画「勝利のゴールデンパターン」。第3回は金勝杯の第3回優勝者・岡田清が登場。実釣場所は埼玉県さいたま市にある本紙協定・武蔵の池。取材日は5月17日(日)。
〈本紙・高崎〉
———————————–
★震生湖(神奈川)の地ベラ活発。金魚看板ロープで、最大40センチを含め29枚。
★人気のビン沼(埼玉)は42枚と好釣!びん沼橋~水道管で良型を連チャン。
★40センチクラスが浮上! 市野川(埼玉)、丸堀(埼玉)、横利根川(佐原向地)は強い引きに酔いしれた。
★戸張 誠「上達への道しるべ」

———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年6月5日号6月1日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 相模屋
    神奈川・相模原のフィッシング相模屋は12月31日まで歳末セールを開催している。 今年…
  2. はまぐりまつり
    12月17日(日)、鹿島灘はまぐり祭り実行委員会主催の第11回はまぐり祭りが鹿島灘漁業協同組合…
  3. 手ぶらタチウオ釣り大会
    12月22日、大阪・泉佐野のブルーマックスでは、「手ぶらで船釣りタチウオ釣り大会」を開催する。…
  4. フィッシングイチバン池田
    大阪・池田市にあるフィッシングイチバン池田では、12月18日、釣研×釣武者&tim…
  5. 浜野HC
    千葉県市原市にある浜野HCが第3回大型5枚検量大会を開催する。 要項は次の通り …
  6. 栃木県小山市にある吉森へら鮒センターが、ミニ賞金大会を開催する。 要項は次の通り …
  7. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  8. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  9. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  10. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る