【紙面ダイジェスト】 週刊へらニュース 2015年8月7日号

週刊へらニュース 2015年8月7日号表紙

■今週の推薦釣り場
「粟原の溜池(茨城)」
真夏日が続き、夏ベラ釣りが本番を迎えた。肌を突き刺すような日差しでも、パラソルの下なら時折吹き抜ける風は心地よさを感じる。茨城県常陸太田市にある粟原の溜池は、足場が整備されているうえ定期的に放流が行われている。また「ジャミアタリのなかから本命のアタリを読む」と言う、野釣りならではの釣りが楽しめる
〈山野 正義〉
———————————–
【中面センターカラー見開き】
熊谷充の野釣り行脚――。第17回は神奈川県箱根町にある芦ノ湖での桟橋釣り。舟釣りがメーンの同湖だが、元箱根にあるすずきボートでは浮き桟橋を所有している。なかでも〝深宙〟と呼ばれる沖のドン深桟橋では、夏でも両ダンゴのチョウチン釣りで好釣果が期待できる。水深があるので乗っ込み等に関係なく狙えるのもうれしい。真夏の芦ノ湖で爽快フィッシングを目論んだクマちゃん。さてさて、いい魚はつれたのかな? 取材日は7月27日(月)
〈本紙・関口〉

【終面カラー】
毎年最強のナンバーワンを決める究極のワンデートーナメント「オーナーカップヘラ金勝杯」。その歴代優勝者たちは普段は何を考えながら釣りをしているのか。勝負に勝つためのヒントを探る企画「勝利のゴールデンパターン」。第5回目は金勝杯の第5回優勝者・黒沢清孝が登場。実釣場所は埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖。取材日は7月19日(日)
〈本紙・高崎〉
———————————–
★ヘラ釣りの神様は伊豆に? 早霧湖で激釣!
★ビン沼(埼玉)が止まらない。高いレベルで好調キープ。
★田貫湖で良型の数釣り楽しむ
★戸張誠・上達への道しるべ これで悩みは解消
———————————–
一部売りは駅売店、コンビニ、釣具店等でお求めください
2015年8月7日号8月3日(月)発売
300円(本体価格278円)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. モーリス「ハードトップTiNICKS」
    チタンコーティングとスーパータフコーティングのW処理で、強さと超耐摩耗性能を兼ね備えた進化系高…
  2. ティムコ 「ジョイントワックス」
    ロッドのジョイント部をしっかりフィットさせ、緩みやガタつきを抑える。スピゴット(印籠継ぎ)・フ…
  3. ヒロキュー 「めっちゃ喰う!」シリーズ
    【トウモロコシ】 コーンペーストをたっぷり配合したアピール力抜群のトウモロコシイエロー。中…
  4. 週刊つりニュース関西版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒ベラ期待大」 水温がグッと下がり、管理池や釣り堀でもヘラブナの食…
  5. 週刊つりニュース西部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「寒グロ序盤戦」 北西風が威力を増してくると、クロ釣り師にとっては待…
  6. 週刊つりニュース関東版 2017年12月15日号表紙
    ■今週の特集 「コマセマダイ」 そろそろ年末年始の釣行準備! 祝魚・マ…
  7. 週刊へらニュース 2017年12月15日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「大落古利根川(埼玉)」 日ごとに寒さが厳しくなり、止水域は苦戦す…
  8. 週刊つりニュース中部版 2017年12月15日号表紙
    ■今週のつり作戦 「沖釣り!! 寒ビラメ躍る季節」 ~人気上昇中の泳がせ釣りでトライ(…
  9. 最年少チャンピオンになった佐々木選手
    11月25日(土)、東京湾・久比里で開催された「ダイワカワハギオープン(DKO)2017」決勝…
  10. フィッシング遊
    フィッシング遊主催の「ファミリー&カップルトラウト釣り大会」が愛知県一宮市の北方・川釣…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る