「第2回クルー・オフショアゲームス東京湾シーバス大会」参戦リポート

上州屋都筑インター店の高野浩二店長

「エイエイオー!」で大会の火蓋が切って落とされた3月6日(日)、「第2回クルー・オフショアゲームス東京湾シーバス大会」(主催・(株)クルー)に横浜山下橋の渡辺釣船店から参加した。

シーバス3尾の総重量で競い。ルアーはメタルジグのみ使用可。竿は2本まで。フックとラインに規定はない。

午前5時。3隻出しということで、大勢のファンで熱気ムンムン。くじで私はA船左舷のミヨシから2番目に座る。

7時、田中茂生船長の操船で20人の参加者を乗せて河岸払い。予報に反し、朝は曇天微風。気温も高く、釣り日和。
8時、木更津沖に7船宿・11隻。188人の参加選手が集結。開会宣言ののち、「頑張るぞ!」との全員で掛け声をかけてスタート。

各船一斉に最近好調の停泊船周辺へ一直線。船団に交じってスタートフィッシング。「水深20メートル。下から5メートルに反応があるから底中心にやってください」の合図とともに、信頼するクルー・ベイス80グラム(ピンク・シルバー)をキャスト。下げ潮がトロトロ流れて釣れそうな雰囲気だが船中ノーバイト。そこで大きく移動。この時期に大型実績が多い川崎沖シーバース周辺へ。

ジギングは食いがよければサミングしながらフォールして巻くだけで釣れるが、食い渋る時はラインにテンションが掛かるとアタらないことが多い。そこで、遠投してノーテンションフォールでわずかなイトフケを積極的にアワせると、これが大アタリ。50センチ級を6連釣でリミット達成。

クルースタッフの石井伴明さん真理さん夫妻(相模原市)は、仲良く6本ずつキャッチミヨシの鈴木喜範さん(寒川町)や、クルースタッフの石井伴明・真理さん夫妻(相模原市)も順調にヒット。左隣では小林孝幸さん(横浜市)、白井祐太郎さん(横浜市)も良型をキープ。そして高野浩二さん(大和市)の竿が大きく曲がり、船長のネットに納まったのは76センチ本命。

しかし、水温低下と澄み潮の影響か、私も2尾を追加し入れ替えに成功したが、しばらくすると反応がなくなり、再び最初の停泊船周辺へ。

船長は少しでもいい反応を探してポイント移動を繰り返す。ていねいにノーテンションフォールを繰り返していると、着底直前に明確なアタリがでて、当日の自己最大魚65センチをキャッチ。

最後は京浜運河内のポイントへ。しばしの入れ食いを楽しんで午後1時に競技終了。私の釣果は43~65センチが12尾。

その後、全船が本牧漁港に集合し検量。他船の人と情報交換しているうちに集計が終わり表彰式。

渡辺Aで同船した志賀良平さん(横浜市)は大型に照準を絞り4位に!私は3尾合計5085グラムで入賞は逃したが、この大会のレベルの高さには驚いた。5位から順位と重量が発表され、6670グラムで4位に入賞したのは、同船した志賀良平さん(横浜市)。「一年前、この船でシーバス釣りを体験してから、ハマってしまいました。大型だけ狙って、ドピンクの120グラムを使い続けたのがよかった」とコメント。3位には釣友の原澤絵梨さん(深川・吉野屋A)が6745グラム。2位の近藤弘美さん(同B)は、7255グラム。そして、中丸義人さん(同B)が、8310グラムで優勝。上位入賞者は喜びの笑顔

特筆すべきは女性陣とキッズたち。エキスパートもリミットメイクが難しい状況で入賞した3人の釣りガールに驚かされたが、レディース賞の浅村未夢ちゃんはなんと小学生ながら5635グラム。「釣れて楽しかったです!」というコメントに参加者たちが拍手を送っていた。

悲願の船別初優勝を果たした吉野吾朗船長は満面の笑みDJ・井出大介さんと田中船長による司会で、じゃんけん大会や抽選会も大盛り上がり。トリは、船中釣果平均重量で最優秀船賞の深川・吉野屋B船の吉野吾朗船長。「全部お客さんのおかげです。前の大会から(20回以上)参戦して初めて優勝できたので本当にうれしいです」と笑顔で締めくくり、幕を閉じた。

和気あいあいとしたなかにも、参加者・船長の意地とプライドを掛けた真剣勝負があり素晴らしい大会だった。
次回の東京湾開催は7月18日(祝)タチウオ大会が開催予定とのことなので、また参加したい。

▼問い合わせ 渡辺釣船店 

〈週刊つりニュースAPC・奥野忠弘〉

第2回クルー・オフショアゲームス東京湾シーバス大会結果
順位 氏名 重量(g) 船宿名
1位 中丸義人 8,310 吉野屋B
2位 近藤弘美 7,255 吉野屋B
3位 原澤絵梨 6,745 吉野屋A
4位 志賀良平 6,670 渡辺釣船店A
4位 浅村昌雄 6,050 吉野屋B
5位 澤村景子 5,815 渡辺釣船店B
レディース賞 浅村未夢 5,635 吉野屋B
最優秀船賞
順位 船宿名 総重量(g) 平均重量(g)
1位 吉野屋B 88,795 4,673
2位 こなや丸B 46,170 4,617
3位 吉野屋A 89,050 4,240
4位 渡辺釣船店A 77,310 3,866
5位 こなや丸A 64,865 3,816

188名の選手達

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2019年10月18日号表紙
    ■今週の特集 「房総の釣り」 房総の釣行に便利な各港の船着場マップも掲載。合わせて注目…
  2. 週刊つりニュース西部版 2019年10月18日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋磯クロ釣り」 秋本番にいよいよ突入。磯でのフカセ釣りが面白くなっ…
  3. 週刊へらニュース 2019年10月18日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門」 朝夕はしのぎやすくなり、秋ベラ釣りの季節を…
  4. 週刊つりニュース中部版 2019年10月18日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダ&カセで狙うカカリ釣りクロダイ佳境」 ~数釣り期待大!! 本…
  5. 週刊つりニュース関東版 2019年10月11日号表紙
    ■今週の特集 「アマダイ」 キモカワ系の人気ターゲット ◎相模湾 片瀬 まなぶ…
  6. 週刊つりニュース西部版 2019年10月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「秋の近場の釣り」 爽やかな秋空が広がった日は、家族や仲間を連れて近…
  7. 週刊へらニュース 2019年10月11日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「亀山湖」 台風15号によって甚大な被害を受けた関東の大型狙いの聖…
  8. 週刊つりニュース中部版 2019年10月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「イカダエギングを始めてみよう」 ~秋アオリはハイシーズン!! 新子…
  9. 週刊へらニュース 2019年10月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「近藤沼(群馬)」 猛暑の時期が去ると、夏のあいだ敬遠していた釣り…
  10. 週刊つりニュース関東版 2019年10月4日号表紙
    ■今週の特集 「ワカサギ」 各地で次つぎと開幕を迎えているワカサギ 快適なドーム船…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る