「第11回探見丸いすみ市大原港船釣り大会」開催 5月15日

探見丸大会

5月15日(日)、外房大原で第11回探見丸いすみ市大原港船釣り大会=シマノ主催=が開催される。

  • 日時…5月15日(日)、午前3時半~受付、4時~競技説明、4時半出船、競技時間5~10時、帰港後表彰式など
  • 対象魚…イサキ
  • 参加資格…探見丸ユーザー、船釣り愛好家(数に限りはあるが当日探見丸の貸し出しも行う)。年齢、性別は不問。20歳未満は保護者の承諾が必要
  • 募集人数…450人
  • 参加費…¥1万1000(コマセ、氷、昼食、飲み物代含む)。大会当日に支払う
  • 受付・集合場所…いすみ市大原港市場前
  • 検量…23センチ以上のイサキ5尾の合計重量
  • 表彰…総合1~3位、各船の竿頭賞、レディース賞、ヤングアングラー賞など
  • 大会規定…タックルのメーカーは不問。仕掛けは長さがクッションゴムから3.5メートル以内、ハリス3号、ハリ数3本まで。ミチイトは不問。ビシカゴは船宿指定のものを使用。活エサの使用はイソメ類以外禁止。検量対象魚以外のリリースは個人の判断。イサキの1人あたりの制限尾数は50尾。到達したら釣りを終了するかイケスに生かしておいた魚と入れ替える。終了の合図と同時にフッキングし取り込まれた魚は釣果に含む。釣り座は当日抽選で決定。ライフジャケットは必ず着用
  • 申込方法…下記参加船宿に直接申し込み
  • 参加船宿…春栄丸TEL0470(62)1098、春日丸TEL同局0606、第三松栄丸TEL同局(63)0085

▼問い合わせ http://fishing.shimano.co.jp/
シマノ東京営業所
TEL03(3744)5656

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年12月11日号表紙
    ■今週の特集 「アマダイ」 釣趣はもちろん、釣り上げたときに対面するひょうきんな顔、そ…
  2. 週刊へらニュース 2020年12月11日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「間瀬湖(埼玉)」 よく口を使いそうなサイズが今期2トン以上も放流…
  3. 週刊つりニュース西部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「落とし込み」 冬到来で出船機会が限られてくる玄界灘~響灘だが、出船…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年12月11日号表紙
    ■今週のつり作戦 「美味!! アナゴを釣ろう」 ~晩秋から初冬は数釣り楽しめる!! 釣…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年12月4日号表紙
    ■今週の特集 「テンヤマダイ」 茨城や外房を中心に高い人気を誇る、ひとつテンヤを使った…
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「海洋釣り堀特集」 水温が下がってくると、あれだけ元気だった魚たちも…
  7. 週刊へらニュース 2020年12月4日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「明善谷沼(埼玉)」 今年も残り約1カ月となり、納竿・初釣りという…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年12月4日号表紙
    ■今週のつり作戦 「シーバスにオフシーズンなし!! 冬パターンで攻略」 ~ルアーセレク…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年11月27日号表紙
    ■今週の特集 「ヒラメ待望」 12月に広域で解禁する常磐沖のヒラメ。例年、直後に5キロ…
  10. 週刊へらニュース 2020年11月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「利根川・横利根水門下流(佐原向地)」 朝夕は冷え込みが厳しくなっ…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る