「第11回探見丸いすみ市大原港船釣り大会」結果リポート 404人が奮闘

いすみ市_アングラーズアイドル2016橘みづほさんにグッドサイズ

アングラーズアイドル2016の橘みづほさんにグッドサイズ

5月15日(日)、外房大原で第11回探見丸いすみ市大原港船釣り大会=シマノ主催=が開催。404人が5尾の重量を競った。大会の様子を第三松栄丸から取材した。

〈週刊つりニュース東京本社・堀口俊〉

午前3時半、まだ暗い港に参加者たちが集結。4時から開会式が行なわれる。

対象魚は23センチ以上のイサキ。5尾の合計重量で競う。仕掛けはクッションゴムからの長さ3.5メートル以内、ハリス3号まで、ハリ数3本まで。

4時半に出港。各船思い思いの釣り場へ向けて走る。第三松栄丸は中井英明船長の操船で真沖のポイントへ。天候は曇りで風やウネリは少ない。この季節にしては気温が低く、肌寒いほど。航程20分ほどで到着。

5時ぴったりにスタートフィッシング。船長から「始めてください。タナは18メートルです」のアナウンス。

竿頭の平野さん1投目から右舷大ドモの平野さんが1尾ゲット。模様が薄れた30センチ級の良型だ。「あまり派手に誘わず、長めに待ったら食いました」と言う。

船中気合が入るが、後が続かない。「水温が低いからか、反応はポツポツでているけど、浮いてこないね。渋い時のコツは、とにかく諦めずにコマセを撒き、手返しし続けること」と船長。

いすみ市_30cm級を上げた工藤さん何度か小移動するとようやくアタりだす。左舷ミヨシ3番の工藤さんは「この地域は釣れれば大きくていいね」と微笑む。

ゲスト乗船のアングラーズアイドル2016・橘みづほさんと飯田純男さんたちもキャッチ。「最初は2本にエサを付け、1本をグリーンの空バリにしていましたが、後者ばかり掛かったので、すべてのエサを外しました」と飯田さん。橘さんはこの釣り2回目だが、続ぞくキャッチしてニッコリ。最終的に6尾上げ健闘した。

いすみ市_大下さんは本命を上げニコリ左舷トモ2番の大下さんは1尾取り込んで「探見丸にいい反応がでたので、集中して誘ったらきました。反応が消える前に落とさないと」と言いつつ急いで再投入する。

左舷トモ2番の田辺さんは穂先感度のいい竿を使用。「魚がハリをくわえただけの小さいアタリも取れます。特に渋い時は便利ですよ」と話す。いすみ市_小さなアタリをとらえた田辺さん

左舷大ドモの古谷さんはダブルを披露。「まず1尾ヒット。探見丸を見るといい反応があったので、追い食いを狙ったら一荷で釣れました」とニッコリ。
いすみ市_古谷さんにはダブルも
10時にストップフィッシング。当日は厳しい釣果となったが、反応はあり型も揃っているので、水温が上がり活性が高まれば期待できそうだ。

5尾重量の船中1位は園田さん。竿頭の平野さんと同じく、「渋い時は動かしすぎるとこないので、長く待って食わせました」とコメント。

右舷トモ4番の笠原さんと3番の熊倉さんは「きょうは渋かったけど、またチャレンジしたい」と熱意を見せていた。

港へ戻ると、毎週日曜開催の〝港の朝市〟が盛況。イセエビなどの海産物やブランド米、地酒、特産品を使った料理などを販売しているほか、買った海産物でバーベキューもできる。
いすみ市_上位入賞者
検量後、表彰式が行われた。総合優勝は2408グラムで佐々木隆さん。2位は2399グラムで鈴木晃さん、3位は2176グラムで今溝康貴さん、レディース賞は1930グラムで西宮順子さんが受賞。優勝と2位の差はわずか9グラムだった。佐々木さんは「40センチ級が交じりました。置き竿がよかったようです。船長に釣らせてもらいました」と話した。

その後、豪華賞品が当たる抽選会が開催。盛況のうちに散会となった。

▼問い合わせ 第三松栄丸

第11回探見丸いすみ市大原港船釣り大会結果
順位 氏名(敬称略) 5匹の合計重量(g) 船宿名
優勝 佐々木隆 2408 つる丸
2位 鈴木晃 2399 鈴栄丸
3位 今溝康貴 2176 臼井丸
レディース賞 西宮順子 1930 天の清栄丸
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊つりニュース関東版 2020年4月10日号表紙
    ■今週の特集 「シロギス白輝」 第5回 そらなさゆりの釣りってWonderful …
  2. 週刊つりニュース西部版 2020年4月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「乗っ込みチヌ」 桜が満開を迎える季節、いよいよ待望の春の一大イベン…
  3. 週刊へらニュース 2020年4月10日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「市野川(埼玉)」 関東地方ではサクラが開花したかと思えば雪が降っ…
  4. 週刊つりニュース中部版 2020年4月10日号表紙
    ■今週のつり作戦 「アマダイ攻略!! テンビンフカセ&タイラバで狙う」 ~釣っても食べ…
  5. 週刊つりニュース関東版 2020年4月3日号表紙
    ■今週の特集 「ルアー釣り注目」 マゴチ…東京湾・深川木場 吉野屋 …
  6. 週刊つりニュース西部版 2020年4月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「船イサキ釣り」 今週のつり作戦は、春から夏にかけて船釣りファンを熱…
  7. 週刊へらニュース 2020年4月3日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「高滝湖(千葉)」 昨年、あまりパッとしなかった千葉県市原市にある…
  8. 週刊つりニュース中部版 2020年4月3日号表紙
    ■今週のつり作戦 「投げ釣り!! 花見ガレイの季節」 ~産卵明けの荒食い期に狙おう(2…
  9. 週刊つりニュース関東版 2020年3月27日号表紙
    ■今週の特集1 「マゴチ好気配」 サイマキを使ったエサ釣りに注目。エサ付けから前アタリ…
  10. 週刊へらニュース 2020年3月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「城沼(群馬)」 今年も乗っ込みシーズンが到来だ。しかも今年は例年…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る