ホープ「FA-236B」

ホープ インフレータブルフィッシングボートFA-236B横

ホープから、インフレータブル(空気膨張)ボートの激安FAシリーズから2016ニューモデル「FA-236B」が登場。

単独釣行が多い場合にお勧めの免許不要の2馬力専用フィッシングボートで、波おだやかな湾内でのキスやアジ釣り、アオリイカ狙いなどの海釣りのほか、湖池川でのバス釣り用としても使いやすい設計。

持ち運びや収納にも便利なのが魅力だが、もう一つの利点は大きな浮力。チューブ径38センチ採用による安心感。チューブ内は独立した空気室になっており、気温の変化などで膨張しすぎた際のチューブの破損を最小限に防ぐための「エアセイフティーバルブ」を3カ所装備。なんらかの衝撃によって一つから空気漏れしても万一の際の安全性を保ち、インフレータブル型の欠点だった無用な回転を防ぐフィンキールや波の侵入を防ぐガンネルも装備。

エアーフロア構造により船底をVボトムとし、エアーキールによって波切りと走航性を高めたシャープな走りで船外機のパワーを無駄にしない2人乗りに仕上がった。

オール一式、スライド式の座板1枚、ミニアンカーローラー、リフティングハンドル、スターン移動用ベルト2カ所、マルチホルダー4カ所、ロープ付きバウアイ、船底ガード、マルチブラケット、高圧フットポンプ、リペアキット、キャリーバッグ付き。

サイズは全長2.36メートル、全幅1.40メートル、チューブ径38センチ、気室数3+1、船内長1.45×船内幅0.69メートル、トランサムS、重量約25キロ)。定員2人。
ホープ インフレータブルフィッシングボートFA-236B 上
本体価格は、船体のみ¥17万。船外機セットの場合スズキ4ストローク2馬力付き¥27万8000をセット特価¥22万5000。いずれも税別。予備検査料、送料別途。

ホープ
TEL093(481)8080

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 週刊へらニュース 2018年4月27日号表紙
    ■今週の推薦釣り場 「神流湖(埼玉・群馬)」 輝くような新緑を望みながら良型の引きを楽…
  2. 週刊つりニュース関東版 2018年4月27日号表紙
    ■今週の特集 「GW特集」 待ちに待った大型連休はもう目の前。そこで船釣り、陸釣り、釣…
  3. 週刊つりニュース関西版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「GWは海上釣り掘りへ」 マダイや青物といった大物、場所によってはハ…
  4. 週刊つりニュース西部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 GW特集第1弾「海洋釣り堀」 今週のつり作戦は、GW特集第1弾として…
  5. 週刊つりニュース中部版 2018年4月27日号表紙
    ■今週のつり作戦 「ウタセマダイ開幕戦」 ~伊勢湾口周辺の伝統釣法健在!! 乗っ込みの…
  6. yume
    大阪・堺出島港の夢フィッシングでは、7月29日まで「夢ハネ・シーバスフェアー」が開催されている…
  7. hisatagawa
    5月4日、京都・久多漁協(京都市左京区久多下の町37)で「久多の里第12回あまご釣り大会」が開…
  8. 5月6日、大阪・貝塚の水藻フィッシングセンターで「第35回リーダース関西へらぶな釣り大会」が開…
  9. 4月29日、兵庫・川西市の猪名川漁協で「2018マス釣り&猪名川浄化運動大会」を開催。…
  10. ogawa
    千葉県我孫子市にある小川つり堀園で春季大会を開催する。 要項は次の通り …

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る