「ダイワへらペアバトル2016」結果リポート 柏市・清遊湖

ダイワペア_上位ペア

5月28日(土)、千葉県柏市にある清遊湖でグローブライド主催のダイワへらペアバトル2016が開催された。参加は前年より増員の88組176人。ペアの総重量で競った結果、黒田友康・上杉拓ペア(上杉さんは前年に次いで連覇)が2位ペアに6.45キロの差をつけて優勝した。〈週刊へらニュース・高崎〉

ダイワペア_参加者一同
前年に続き、2回目の開催となった今年も定員を越える申し込みがあるほどの盛況ぶり。競技は中央、南、北桟橋を使用。釣り座はペア同士が離れて着座するように配置された当て番制(男女、親子ペアは隣同士に並べるように配慮してある)。1回戦と昼休憩を挟んでの2回戦の合計総重量で競技。規定は8尺以上のダイワへら竿使用、エサのメーカーは自由。

午前7時、薄曇りの天候で心地よく風が抜けるなか1回戦スタート。満員の桟橋には、優勝を狙う短竿浅ダナ組はもちろん、少しでも沖目を狙おうと長竿を出す人も少なくない。一方で、のんびり釣りを楽しむペアの姿も。

大会特有の人災による影響はさほどないようで、全体に竿はよく曲がる。11時の1回戦終了時点で、2フラシを下げている人も複数。

ダイワペア_黒田さん昼に一斉休憩。事務所前にはダイワの現行ヘラ竿がずらり並び、貸出しサービスを実施。参加者は実際に手にとって握りや持ち重り感など興味津々。さっそく2回戦で使用するため釣り座へもどっていく人も。

11時30分から2回戦スタート。さすがに後半は食いが渋くなってしまったが、黒田友康・上杉拓ペア(ともに竿8尺メーターウドンセットで中央桟橋に入釣)は快調に飛ばしていく。特に、黒田さんは前半戦のペースを落とすことなく最後まで竿を絞り続けた。

ダイワペア_上杉さん午後2時に競技終了。検量の結果、黒田・上杉ペアが合計59.75キロで優勝した。

「午後は黒田さんが釣ってくれたおかげで勝てました」と、前年に続く連覇となった上杉さんは笑いながらコメント。ダイワペア_タックル

表彰式では上位入賞者に賞品が贈られ、抽選会ではヘラバッグセットなど豪華賞品が飛び出して会場は大いに盛り上がった。上位成績は別表参照。

ダイワへらペアバトル2016結果・清遊湖
順位 氏名(敬称略) ペア総重量(kg)
優勝 上杉拓・黒田友康 59.75
2位 茂木孝浩・丹野利明 53.30
3位 吉野一重・板平寛光 51.60
4位 松下隆・岩泉和斗 49.95
5位 古川俊輔・鈴木則之 49.40
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

  1. 釣りと環境保全を学ぶ「子どもかんきょう釣り教室」〈主催・認定NPO法人日本釣り環境保全連盟、東…
  2. enagyokyou
    岐阜県中津川市の恵那漁業協同組合では、中津支部の理解と協力もあって「中津川あゆビギナーズエリア…
  3. urugi
    長野県下伊那郡売木村を流れる売木川で、今年も「南信州うるぎ村渓流釣り祭り」が開催される。 …
  4. amagasaki
    兵庫・尼崎市立魚つり公園で6月2日、「レディース魚つり大会」が実施される。 詳細は次の通り…
  5. orland
    6月、7月にオーランド(大島製作所)主催の「黒鯛(チヌ)落とし込み初心者講習会」、「黒鯛(チヌ…
  6. tani
    千葉県成田市にある谷養魚場へら池が第4日曜に、月例大会を開催。 次回の要項は次の通り …
  7. 長野県南佐久郡小海町にある松原湖で、小海町観光協会松原湖観光振興会が主催する松原湖ヘラフィッシ…
  8. 9月2日(日)、静岡県の狩野川で静岡鮎友釣選手権2018狩野川大会=狩野川漁協主催=が行われる…
  9. yamawa
    7月15日(日)、岐阜県長良川の郡上大和地区で「第4回タックル・イン・ジャパンカップ鮎釣り選手…
  10. fujino
    8月5日(日)、神奈川県の中津川で「2018年鮎友釣り初心者講習会イン中津川」=フジノライン・…

つりニュースについて

『週刊つりニュース』は、全国4本社体制で各エリアの最新釣り情報をお届けしている"釣り専門新聞"です。また、姉妹紙『週刊へらニュース』も発行しています。すべてのエリアを含めた協定店の数は、業界最大級。沖釣り、磯釣り、堤防、波止、淡水小物、渓流、アユなど、エリアや時季によってさまざまなジャンルの情報を発信しています。
ページ上部へ戻る